モダンスイング 21

欧米打法の伝承

手打ちでもコックをキープできるか

手首の力を抜くだけ

Question

 

アーリーリリースは手首のコックを早く解く動作ですが、これは
下半身始動で打てている場合の更なる注意点であって、そもそも

手打ちには当てはまらない。


手打ちではインパクトまでコックをキープ不可能と考えたらいい
ですか?


Answer


コックをして、それを解く事をアンコックと言ってその動作をリ

リース(解放)と呼んでいます。

 

コックを解くのはクラブの動きによって操作できます。
それはどうクラブを動かすかと言う手の使い方であって、体など
とは関係なく手だけでも出来る事です。

 

ほとんどの初心者の方々は手首が硬くてワグリングを苦手として
いるのですが、その手首の軟らかさによって手とヘッドとの間に

時間差ができてダフリを軽減したり飛距離が出せるのです。

 

この時間差によってクラブがしなって降りて来てヘッドが走り、

クラブが仕事をしている感が出るのです。

飛距離を出す技術としてこの手首から力を抜く訓練をすると誰で

も使えるようになります。

 

打つ前にワグリングをするのがルティーンになっているプロが多

いのですが、それはこのグリップや手首を柔らかくするためにす

るなぞりで、打つ直前にする事で効果を発揮します。

 

また、手首でクラブを揺らすのですが、左手首の力を抜くのは親
指と小指側であって、甲側平側に曲げると軌道がズレます。

 

そのズレも計算して球を近くに置けば当たるのですが、インパク

トで掌屈にできないと捉まり難い球になる事があります。

 

従って、手打ちだろうが何だろうが手首さえしっかりと柔らかく

使えればインパクト寸前までコックした状態で振る事が出来ます。

 

言い換えると、V 打ちとかグリップエンドの刺しとしてゆっくり

振っても飛距離が出ていると言う振り方になります。

 

これはいくつかあるレイトヒティングのテクニックの一つですの

で、左手の訓練をすると使えるようになると思います。
親指小指側だけ力を抜いて手の平側は力を入れたまま固めたまま

引き落とす動作です。

 

このテクニックは難易度が高いので、普段からその動きを行って

何か月も掛けてまともな動きができるように、焦らずに地道にコ

ツコツと練習をする事が大切です。