モダンスイング 21

欧米打法の伝承

インパクトで伸び上がる

起き上がりが早く前傾が崩れる

 

Question

インパクトで体が伸び上がってしまいます
カッコ悪いスイングです(~_~;)

直しを方教えてください
色々試していますが、なかなか直らないです…


Answer

インパクトで起き上がる、伸び上がる、浮き上がるとい

うのには理由があります。

 

まずハンドアップで打つと長さが合わずにダフリますの

で球から遠ざかって打つようになるのが一つの原因です。

また、飛ばそうとする時に起き上がる事で持ち上げて打

とうとするからで、この打法では再現性を上げるのに時

間が掛かります。

 

世界はこの起き上がり打法から圧縮打法に戻っています。
ベンホーガンの時代には起き上がらず、ジャックニクラ

ウスの中期に起き上がり打法になり、そしてタイガーウ

ッズの時期から世界はまた圧縮打法に戻ったのです。

 

ではどうやって起き上がらずにダフらないかです。
それはまず、肩の動きです。


肩は回転だけではなく、上下運動を入れます。
このショルダープレインができるだけアップライトにな

ると高速、超高速で振ってもヘッドが浮き上がりません。

 

このショルダープレイン上に球があると、スイング速度
が速くなるほど軌道修正されて当たります。

したがって、トップでは左肩をマックスに下げ、インパ

クト時には左肩だけ吊り上げて右肩を落とし、右肘をお

臍まで入れてから肘を伸ばして押し込みます。

 

これによってショルダープレインが縦になり、インパク

ト寸前でブランコ漕ぎ効果で吊り上げ、遠心力を付けて
ヘッドスピードが上がり、なおかつ軸ブレがありません。

 

そして振りに行く時には力む変わりに体を圧縮するのに

力を使います。
トップで左肩が下がり、切り返しでその左肩の下に右肩

を通すイメージでヒップスライドをしながら全て詰め込

みます。

 

この狭いところに詰め込む時に圧力が掛かる事で弾け出

るパワーが産まれて肩の回転が自然に速くなります。

 

また、ハンドファーストで打つ事で地面に届かなくなる

ほどになりますので、しばらくトップする打球を打って

いるとインパクトで逆に沈まないと届かないと言う体験

が出来て起き上がりがなくなると思います。