モダンスイング 21

欧米打法の伝承

インサイドアウトで起き上がる

f:id:swinganalyst:20220319191219j:plain

起き上がりは野球打ち

 

Question

動画を後方から撮ると切り返しから極端アウトサイドに

クラブが降りてます
極端なインサイドアウトです

 

そしてインパクトにかけて身体が起き上がってしまい、
極端にインサイドから降りるので身体を起こすしか手の
通り道がなく起き上がってしまうのでしょうか?


Answer

インサイドアウトと起き上がりは直接的な関係はないと
思います。
ただ、極端にインサイトに上げてそのまま落として来る

と体が邪魔になってアウトになる可能性はあります。

 

しかし、インサイドに上げてトップでループしてアウト

インになる人もいれば、体を弓にして腰を引けば手の通

る道を作る事も出来るかと思います。

 

また、起き上がりはインアウトであろうと、アウトイン

であろうと打つ時に背筋を使って持ち上げるような(前

傾を起こす)力を入れて打つ人が非常に多いので、その

打ち方だと起き上がりは治りません。

 

ジャックニクラウス時代には起き上がり打法で打ってい

た事もあるのでですが、タイガーウッズからは逆に腹筋

を使った圧縮打法に進化しています。


ゴルフはフェイスにロフトがありますので、掬い打ちを

しなくても球は上がるので打ち込むようにダウンブロー

で打つ事が基本なのです。

 

フトコロにスペースがなく、インサイドからアウトにな

ると言うのは、恐らく前傾が足りない場合だと思います。

 

 190 cm もある北欧男子の寸法で作られたドライバーが
50 年前には 42 インチでした。

それを少しずつ伸ばして行って、買い替えさせてきたメ

ーカー達がヘッドを大きくする事で芯を外しているのに

分からないドライバーを作って来て、標準が 3 インチも

伸びているのです。

 

その長さを背の低い日本人が握るとほとんど前傾がなく、
直立したまま打っているような恰好になります。

これではアウトインもインアウトも体が邪魔でスペース

が全くなく、まして右肘がフトコロに入る分けがありま

せん。

 

ガラ系打法はこの棒立ち打法の延長で進化ではなく行き

止まりの迷路に入り込んだような物です。

ゴルフは思い込みと勘違いで自ら小さくまとめてしまう

人が非常に多いのですが、原理原則や打法のフォームを

習得する事の大切さが後々の障害によって良く分かるも

のです。

 

手の通り道は十分な前傾と左の腰を引いて作ります。

そして圧縮法によって体の弓と圧力によって弾き出され

て飛距離を出すのです。

 

欧米打法の基礎を身に付けるとこのパワーが使えますの

で、まずは基本動作を習って、その動作に 15 種類ほど

ある飛ばしの技をその上に組み込んでみて下さい。