モダンスイング 21

欧米打法の伝承

下半身の動きは野球と同じ?

上半身を回すための土台となる下半身の動き


Question

 

野球のスイングを斜めにし、左足の踏み込みと右足の蹴り

で回転すればいいのですか。


Answer

 

はい、それでも十分に飛距離は出せます。
大柄で甲子園級の選手だった人達は簡単に 300 Y は出せる

ようです。

ただ、マキロイのように小柄でキャリーで 320 Y とかを出

せる選手は体や脚、腰などの使った飛ばしの技を組み込ん

で、より飛距離を出しています。

 

野球で言う踏み込みとは体重移動です。
体重を乗せて打つとボールに重量が掛かり、ボール自体の
反発力を最大限に利用する事ができます。

 

マキロイ打法はまず踏み込む前に右足で地面を踏みつけ、
体重移動をしながら左の足で蹴って腰を開き、その直後に
右脚で蹴りながらインパクトで押し込みます。

 

野球の踏み込みからの右足の蹴りだと右から左への体重移

動だけですが、マキロイ打法では体重は 2 往復しています。

 

また、前屈や側屈によって縦の引き落としを使いますので、

ダウンスイングは前半は縦、そして後半が横で分業によっ

て縦に降ろす時間を長くすると H S がさらに上がります。

 

下半身の筋肉は全体の 70 %と言われていますので、足腰
のパワーは手打ちよりも何倍も活用できます。

爪先や足首、膝や腰などを十分に使った打ち方は下から上
へと力が伝達され、ムチのような効果を発揮します。

 

ムチの先は音速を超えるほど速くなるのは手元から先まで

がしなって時間差によって張りとバネを使えるからで、ス

イングも同様に下から上へとムチの動きによって H S を上

げる事が可能です。

 

ゴルフは野球の 3 倍の距離を打つ事ができますので、下半

身は土台ではなく原動力となりますので、その動作はもっ

と難易度は高いのですが効果的です。

 

ゴルフの飛ばしの技はドラコン競技なら 20 種類ほどで、

普通のゴルフでも 15 種類ほどは組み込む事が可能ですの

で、野球経験者の方はぜひゴルフ用の飛ばしの技を習得さ

れると良いと思います。