モダンスイング 21

欧米打法の伝承

トップでクラブが立つのですが

クラシック時代     現代     中期


Question

 

バックスイングのトップの時、クラブが立ってるのは駄目

なんですか? ねてるほうが良いですか?

 

Answer

 

恐らくトップでの手の位置の事を仰っておられるのだと思

います。

手の位置が後ろだとクラブは寝て、前だと立ちますので、

トップの形としてのご質問としてお話いたします。

 

クラブの角度は手の位置もあるのですが、左腕とシャフト

が仮に一直線だったと仮定した場合、立っているトップの

位置とは中期の頃のジャックニクラウスなどがこれです。

(写真右)

 

また、かなり後ろで寝ている形はクラシック時代のベンホ

ーガンのトップの位置になります。(写真左)

 

そして現在の主流はその中間で、タイガーウッズの形です

ので結局どこに上げてもスーパースターが誕生していた事

になって簡単に言うとどこでも良いと言う事です。

 

ゴルフは再現性ですので、どこでも良いのですがどこかに
決めて毎回同じ位置に上げる事が大切です。

 

高い前の位置だと落下力が使え、後ろの低いフラットの位

置だと回転の力が使え、その中間だと両方が使えると言う

事になりますので、個人の好みや価値観で決めて良いと思

います。

 

この位置は流行ですので、立てると古いと言う印象になる

かも知れませんし、クラシックのフラットにすると一周回

って最先端に見えるかも知れません。

 

いずれにせよ、この位置もズレますので、位置を決めたら
それがズレた時に分かり易い事が大切です。


例えば右手首はマックスに背屈(オカモチ)、右肘はマッ

クスに内側、ドライバーは右前腕が垂直、胸と上腕が 90

度など、見てズレた時にすぐに分かるようにメカニズムで

決めておくとスランプや滑落を防ぐ事ができます。

 

アップライトだとトウ側に当たり、フラットだとヒールに

当たるなど、ズレ始めたらその兆候が実感できますので、

そこで修正をする事が可能です。

 

また、球との距離もこの角度で変わってきますので、距離
はしっかりと計測法で測ればズレが直ぐに分かります。

トップの位置はテイクバックの軌道でも変わってしまいま

すので、慎重に且つ丁寧に上げるようにしましょう。