モダンスイング 21

欧米打法の伝承

練習前に素振りは必要?

動作確認やイメージ作りに素振りは必要

 

Question


私は、練習場着いたら、ストレッチして、素振りはほと

んどせず、アプローチ、ウェッジのハーフショット、8

割ショット? ドライバーの順に練習します。

 

やはり、素振りした方が良いですかね?
素振りするとフルスイング時、振り切れるようになると

聞きましたが…


Answer

 

人によります。

また、ランウド中はショットごとにプロはする人が多い

のですが、本振りと同じ力や速度ですると体力を消耗す

るので、イメージ作りのために軽くする事がほとんどで

す。


スイング動作が全て組み込まれていて、その全てが1秒
半の間に間違いなく入っている方なら、質問者さんのル

ティーンで立ち上げ練習をする方法が良いでしょう。

ただ、そうでない人もいます。


まず、そのスイング動作がまだ完成しておらず、振る度

体重移動を忘れるとか、右肘がお臍があった位置まで
落ちていないとか、またフェイスアップしてしまうなど、

意識していないとその動きができなかったりする段階の

人です。

 

ゴルフは再現性ですので、毎回同じ事をしなければなり
ません。
そして毎回同じ所に落ちる球が連打できるようにするの

ですが、肩の開きがちょっと早かったり、切り返しを急

いだだけで同じところに球は飛んで行きません。

 

ウオーミングアップをしたらすぐに同じ所に球が飛ぶ定

着度になっている方はプロと同じように、このルティー

ンで立ち上げれば良いのですが、ほとんどのアマチュア

の方はその組み込み作業が終わっておらず、定着もして

いません。

 

どんな打法でも完全に定着していればパーオン率 100 %
が何度も出るはずですが、ほとんどの方は一度もその経

験はないと思います。

となると、ウオーミングアップの段階で基本動作から少

しずつ動きを足して行って組み立てていくと全ての動作

が入ったスイングになります。

 

その間は球を打っても意味がなく、またミスが出るので
イプスの原因にもなり、球を当てに行ってしまって正し

いフォームの動作ができなくなります。

 

完全に定着していない方はむしろ素振りだけで組み込み
練習をして、完璧に毎回全ての動作が入るようになり、

そしてなおかつ、ヘッドが同じ所に落ちるのを確認して

から球を打つようにするのが最も効率の良い練習法です。

 

球が打ちたくて仕方がなく、組み込み作業が終わってい

ないにも関わらず、ただやたらと打てば良いと勘違いし

ておられる方が多いのですが、下手を固めたり、失敗経

験によってトラウマ的なネガティブな印象から苦手意識

が出てきたりイプスの原因にもなりますので、出来る限

り成功体験を積むようにしましょう。