モダンスイング 21

欧米打法の伝承

2年経っても上手くならない

フォームを習得して定着させる

Question

歴2年ですが、デビュー時とスコアが同じです。
努力が足りないだけかもしれませんが。

・週2のインドアレッスン
・週2の打ちっ放し
・月一のラウンド

・ドライバーは3回のうち2回はスライスかチョロ
・9番より長いクラブはトップし、50yくらいのゴロ

グリーン周りは比較的マシなのですが…
グリーン近くにボールを運ぶのに苦戦しています。


Answer

ゴルフの上達には色々な段階があります。
まずはご希望のフォームを習得する事、そしてそれを定

着させる事です。

スコアメイクはそれが出来てからです。

 

まずはフォームをしっかりとできるようにする組み込み
作業を行います。

これはテイクバックでスエーしない、起き上がらないな

どの基礎も含めてなぞり練習をしながら軌道を安定させ

る作業です。

 

次にその延長で切り返しにはどこに力を入れてどのタイ

ミングで切り返し、体勢を整えるかなどのボディーター

ンや軌道も含めて理想的なフォームを習得します。

 

そして、ダウンスイングではどこの筋肉を使っていつど

の方向に力を入れるか、またインパクトではどこに力が

入ってどの方向に押し込み、フォローの形やフィニッシ

ュの形を覚えて、それらの点と点を結んで線で一気に振

れるようにします。

 

しかし、それからが大仕事です。
それらの動きが毎回同じである事、効率を上げて無駄な

動きを排除して行くこと、リズムやテンポを一定にし、

余計な力や力みをなくしてスムーズに振れるようにする

など、動作確認をしながら定着させます。

 

この定着期間は最低3週間、毎日60回正しい、フォー

ムで振る事によって、最初の段階の定着度に到達します。

 

そして、その間が一番忘れ易く、ズレ易く、崩れやすい
事で、理想のスイングができているかどうか、素振りだ

けですが問題がないかの確認をしてもらいます。

 

ここで違う事をしてしまうと下手を固めて、またその違

った動作を消す作業が必要になり、どんどん遠回りして

行きます。

 

3週間毎日でも診てもらいながら定着させると、次の段

階としてマットにヘッドを毎回同じ所に落として素振り

ができるかどうかです。

 

そして、何度振っても同じ所にヘッドが落ちるようにな
ったら、そこに球を置いて球打ちに入ります。
それまではラウンドも球打ちも本来は禁止です。
でないと、球を見たり、コースに行くだけで違う事をす

るからです。

 

そして球打ちを開始し、最初から当たるようになったら
バランス調整や方向調整、そして芯を外さないようにな

ったら縦距離の安定練習をして、それからコースで実践

練習をしてどこでも同じようにそのフォームが出て来る

ようにするまで定着練習を続けます。

 

まず、スイングが定着しない限りはスコアは良くならず、
ある程度定着するとパーオン率 100 %もあります。
この方法で習得した人は 100 の壁、90 の壁、80 の壁な

どは知らないうちに通過し、完全に定着する頃にはショ

ートゲームも上達して 60 台が出ます。

 

ただ、ほとんどの方はこれが出来ません。
初心者はとにかく球が打ちたくて打ちたくて無駄球をト

ラック一杯打ちます。
また、スコアを付けたがってコースにばかり行くのでス

イングが固まらずに生涯 100 が切れない人が大勢います。

 

ゴルフは人生と同じで何をチョイスするかでレベルが変

わって行きます。
2年くらいすると、いい加減それに気が付く時期だと思

いますので、そろそろ本格的に取り組んでは如何でしょ

うか?

 

毎日診てもらって修正を繰り返す