モダンスイング 21

欧米打法の伝承

基本に戻ってやり直したい

点と点を結んで線で定着させる

Question

 

基本的に球が捕まることがなくアイアンは弾道が高い

です。
すくい打ちだとも言われます。
ドライバーはスライスボールが持ち球です。
アウトから入りフェイスも開いています。
シャンクも出ることがあります。

これから基本に戻りやり直したいです。
これだけやっとけ!という素振りの方法など
ご教授お願いいたします。


Answer

 

奥の深さが少しはお解りになった方だと思います。
これを機会に教科書通りに基礎を習得しましょう。

 

捉まらない打球はまず真芯に当たっていない事や肩の
開きが早い事が原因ですので、バンプ、ダンプ、ター

ンの順序で振る基礎練習が必要です。

 

アイアンの打球が高過ぎるのはハンドレイトですので

ハンドファーストで打つフォームを習得します。

 

掬い打ちとは球を持ち上げようとして両肘が伸びてい

ないとかヘッドを先に送ろうとしてリリースポイント

が早いなどの効率の悪いフォームでこれもハンドファ

ーストで治ります。

 

スライスはシャフトが柔らかい事もありますが、振り

遅れやローテーションが遅い事で出ますので、これは

ミスショットであって持ち球とかではなく癖球です。

 

アウトから入ると言う事は肩が先に回って、引き落と

しの開始が遅いのが原因ですので、これもバンプ、ダ

ンプ、ターンができれば治ります。

 

シャンクは球が近過ぎたり、前傾角度が浅くて棒立ち

になっていたり、トップで肩が止まらずに開きながら

力むとヘッドが浮いて外回りをするので出る球です。

後ろ打ちや両肩の上下運動などでヘッドが外回りしな

いように軌道を縦にする必要があります。

 

まずは基本動作を習得し、教科書通りにすればストレ

ートないし、軽いフェイドで思った距離や方向を出す

事が出来ますので、どんな打法でもその打法の基本動

作を習ってその動きができるようにし、それぞれの位

置でどのような動きをするのかを知ってその通りにま

ずは動けるように訓練する事です。

 

自分に合わないとか、出来ないとか我がままを言うの

ではなく、出来ない動きを出来るようにします。

そしてその点と点を結んだ線での素振りによってバラ

ンスやタイミングを覚え、全ての動作が組み込まれた

ら定着練習の素振りを行い、ヘッドが同じ場所に何度

でも落ちるようになったら初めて球を打ちます。

 

初心者はとにかく球を打ちたくてフォームを崩してい

ますので、フォームが完成するまでは素振り中心です。


そして、確認するためにたまに打つ程度にする程度で、
球打ちから始めると素振りと同じ動きがほとんどの人

はできません。

素振りと本振りで違う事をする人は素振りが足りない

ので、組み込み作業が終わって完成してから1万回は

素振りで定着練習です。

 

早く完成させて早くスコアを上げたいのでしたら、球

打ちやコースは禁止です。


十分にスランプで苦しんだ事がある方は我慢して素振

りだけで仕上げる事が出来るのですが、中途半端な方

は我慢できずに球打ちをして崩してしまいます。


下手を固めて逆に遠回りする事を想定していない人が

ほとんどで、本当に無駄な事を一生やり続けます。

上達のプロセスを知り、正しい練習法や飛距離の出る

打法をしっかりと教えてもらう事が重要です。