モダンスイング 21

欧米打法の伝承

左膝を伸ばしてヒップターン

インパクト直前で左膝が伸びきる


Question

アイアンで質問あります。
ダウンスイング左膝を伸ばして、ヒップターン(尻を押し

込む)すると良いと、You Tubeで観ましたが、シャンクし

ませんか? それか打点ズレ。

 

Answer

ヒップターンの定義やお尻を押し込むと言う表現がどう言

う動作を意味しているのか解かりません。

基本的に左膝を伸ばすと言うのはこの 30 年来の打法で、

伸ばさない打法はそれ以前の古い打ち方です。

 

90 年辺りから欧米打法はその頃に左脚で蹴って腰を開く動

作を組み込んで飛距離を稼ぐようになりました。

したがって腰の高さが一定になり、伸ばしてからインパク

トと言う再現性の高い打法になりました。

 

もちろん、昔の打法でも左膝が同じ角度で曲がっている時

インパクトをする事で安定していたのですが、タイミン

グや動作は必ずズレて、いつもより伸びていないとダフリ、

伸び過ぎるとトップすると言うデメリットもありました。

 

これならパワーが出てしかも毎回同じ高さで打てる打法の
方が安定し易いと言う事で左膝を伸ばす、あるいは蹴ると

言う打法に進化したのです。

 

ただ、伸ばす時に腰が前打席方向に出て起き上がる事があ

り、それを押し込むと表現したのであれば間違いで、逆に
後ろ打席方向に左尻を突き出して上半身が上がらないよう

にする事で軸ブレを防ぎます。

 

お尻の突き出し、ヒップターンとは腰引き、ヒップスライ

ドそして右腰を前に出すと言う回転の 4 つの動作を意味し、
右腰を前に出すのは一番最期で、その時は右脚で蹴ります。

 

右膝を伸ばす、あるいは蹴る時は右腕を伸ばしてインパク

トから押し込みのタイミングで、その時に右腰が前打席方

向に出て腰の回転にパワーが入ります。

 

右腰が早く前に出ると体の捻じれが大きくなって肩が開き
易くなって捉まらない打球が出る事がありますので、でき

るだけ回転は後からになり、バンプ、ダンプ、ターンの最

後のターンの時に腰も肩も回転させるパワーを入れると言

うのが現在世界主流の打法です。