モダンスイング 21

欧米打法の伝承

回転が苦手でスエーしてしまいます

腰引きとお尻の突き出しによってヨジる

Question

 

家の狭い範囲でもできる反復練習があれば教えてください。
自分は腰を回転させるのが下手で、スウェー(横移動)して
しまいます。

 

野球をやっていた癖もあると思います。
何か屋外でクラブをもってする以外に反復練習して腰の回転

をさせたいのですが、室内クラブ無しで出来る方法を教えい

ただければと思います。


Answer

 

プロ野球をされていた方が野球よりは体重移動がゴルフの方

が少ないと言っていました。
恐らく野球はかなり横移動が大きいのだと思います。

 

これをゴルフは小さくすると言っていましたが、ただ小さく

すると言ってもなかなかイメージが湧かないようです。

腰の動きを具体的に練習し、横移動だけではなく色々な動き
を入れて仕上げては如何でしょうか?

 

まず、横移動とはゴルフで言うヒップスライドです。
これは左の壁まででそれ以上は移動しません。

左の壁とは左脚の外側(土踏まず)から垂直に天井に向かっ
て引いた線です。

ここから腰が出てしまうとスエーとなりますが、そこまでは

まず最初のステップとして組み込みます。

 

実はそのスライドは腰の捻転戻し(ヨジリ)になりますので

左お尻の突き出しの動作となります。

切り替えしで始動するのがこのヨジリで、その時にはまだ引

き落とさず、直後に引き落としが入るのですがその動作と同

時に腰引きが入ります。

 

腰引きとは左の腰を後ろ打席方向に移動するのですが、同時
に体重も左足の踵に移動します。

また、フルスイングでは左膝を伸ばす動作、左足のつま先で
前の打席方向に蹴る動作、そして腰自体を左回転させる動作
も同時に入れるとタイガーやチャンプなどのような素早い動

きができます。

 

1 ヒップスライド(ヨジリ)
2 腰引き(腰の開き、左足の蹴り)
3 インパクト(右足の蹴り)

体重移動は出来ているので意識しない)

 

この順序でクラブを持たずに鏡の前でスエーしないように体を

回転する練習をしてみてください。

第七頸椎が動かずに腰が左に壁にぶつかるように体を整えます。

頭は右、腰は左で体は弓になりますので、その状態でインパク

トになります。