モダンスイング 21

欧米打法の伝承

打ち急ぎを治すには

f:id:swinganalyst:20211203185311j:plain

切り返しは飛距離を出すためのパワーをタメる時間

Question

ゴルフでゆっくり打つが出来ないのは急いで打っているか

らですか?
タメの時間を一呼吸入れれば、ゆっくり打てますか?


Answer

急ぎ打ちとか早打ちとか言うのはトップでのタメがない打

ち方を言う事が多いようです。

何か急いで打っていると思うのは切り返しが早く、すぐに
降ろして来るので急いでいるように見えるのだと思います。

 

トップで間合いを取れとか、一瞬止まってから下せなどと

言う指導を良く聞くのですが、切り返しで右半身を脱力し

ろという指導もあって、どちらも急ぎ打ちには見えない打

ち方にはなります。

 

したがって、ほとんどはこのトップで一度休憩して時間を

置いてから降ろすように打つのが当たり前になっており、

松山選手がトップでしばらく止まってから打っていたら、

欧米選手から、シャワー入って来れるとか食事が出来ると

か冗談で言われ、最近は止まっている時間を少なくして来

ました。

 

この切り返しはタメと言ってエネルギーをタメる大事な作

業なのですが、それが止まって何もしない時間と捉えられ

ているのが日本なのです。

 

これは飛距離を出す事が出来る大切なタメの時間を無駄に

してしまっています。

 

このタメとは捻じりと言う上半身と下半身の捻転差、そし

て反りという体を弓にしたバネの力、そして上半身を縮め

て上から圧縮したような圧力によって弓矢の矢を弾き出す

と言う3つの張りをいいます。

 

この動作によってエネルギーを凝縮して全身にタメ、それ

を一気に放出するのと同時に引き落としのダンプ、腰の回

転による遠心力などでヘッドスピードを上げます。

 

そして、このタメを大きくする事によって切り返しに時間

が掛かり、思い切り力を込めているにも関わらずすぐには
落ちて来ないと言う切り返しになるのです。

 

間合いを取るとか一呼吸するなどと言うように、時間を置く

としか動画では見えないのですが、実はこのタメは飛ばしの

パワーが生まれる大切な時間なのです。

しっかりとこの3つの動作を組み込んで思い切りエネルギー

をタメてから打ってみて下さい。