モダンスイング 21

欧米打法の伝承

トップでの重心位置

f:id:swinganalyst:20211117053225j:plain

         後ろ、さらに後ろ

Question

テークバックするとき、右足のどこに体重を乗せるべきでしょ

うか。拇指球?
土踏まず(拇指球と踵の中間を意識)?踵?

 

踵に乗せると、意外とスムーズにクラブがあがっていきます。
拇指球に乗せると、腕に頼ったテークバックになってるような

気がします。


Answer

アドレス時はつま先でも踵でもなく、土踏まず重心にします。
これは平坦なライの時で、つま先下がりの時にはつま先、つま

先上がりの時には重心はカカトにしてスイングするために平坦

な所では真ん中にします。

 

そしてテイクバックでトップに近づくに従って右足に重心が移

動しますが、同時にカカトに移動して右のお尻をすこし引くよ

うにします。(後ろ)

 

トップからの切り返しで腰のスライドが始まる直前にヨジリを

入れる事でそのカカト重心が母指球に移動します。

 

ヨジリとは両膝と腰が固まったまま時計と反対回転をする事で、

腰を開く動作で上半身と下半身の捻転差を最大にする事です。

 

したがって、腰が右に回転してトップに到達したら、切り返し

で腰始動となり、そのヨジリと左への(目標方向)体重移動

同時に行います。

 

そして、右足の母指球に体重が乗り、左足の蹴りの直後には右

母指球で右脚の蹴りが入ります。

 

これが現在、世界の主流となっている打法のレッグアクション

で、トップで右の踵に体重が乗ると右のお尻を少し後方打席方

向に出す事になりますが、ダウンスイングではさらに左のお尻

を出して「腰引き」動作を行います。

これが「さらに後ろ」です。

 

これによって昔の起き上がり打法とは違う圧縮ができますので、

強力なパワーを出す事が可能となり、肩の回転が速まります。

 

体重は切り返しでは右脚の母指球、そして左に体重移動した時

には左のカカトに体重が乗ります。

右前から左後ろに重心が移動してフィニッシュでもフラフラし

ない形で静止できるようになります。