モダンスイング 21

欧米打法の伝承

手打ちが治りません

スイングは脚、腰、胴体、肩、腕などの全てを使う

 

Question

 

手打ちが治りません
また、体重移動が変でスエーしてます
特にインパクトの時は左足に体重を多くかけますか?


Answer

 

手打ちは病気でも怪我でもありません。
体を使っていないので飛距離が出ないだけです。
その打ち方はコントロールショットの引き出しとして

保存しておけば良い事で、これからは体の使い方を習

得して飛距離が出るフルショットを組み立てましょう。

 

体の使い方とは上半身、腰、そして下半身の各部位で

それぞれ飛ばしの技がいくつかずつあります。

 

まず、上半身の使い方です。
テニスのサーブを思い起こして下さい。
大きく反って腹筋を縮めて振り被ります。

 

また、サッカーのスローインでも、バレーボールのア

タックでも反り返ってから体を丸めて猫背にしてパワ

ーを入れて振っています。

 

ゴルフもまさにこの動きが入っています。
トップでは背中を反り返し、ダウンスイングでは体を

猫背にして丸めて、フォローではまた反り返ると言う

動作です。

 

そして腰ですが、腰はスライド、腰引き、ヨジリ突き

出し、そして回転と腰だけでもこれだけあります。

これらがタイミング良く組み込まれると振り回される

ほどの速度で回転します。

 

そして、その腰の回転にパワーを入れるのがレッグア

クションで、左脚の蹴り、右足の踏みつけや蹴りなど、

パワーを入れると手や腕は固めておくだけで 300 Y キ

ャリーで飛びます。

 

捻転差による張りやトップでぶつける引っ張り合いな

ど、体のバネを使い、体重を乗せて後ろ打ちをするな

どの技がありますので、15 種類ほどの飛ばしの技の全

てを 2 割から 6 割りずつ組み込むと良いでしょう。

 

ちなみにこれだけの動作を組み込むには何か月も掛か

り、定着するのにさらに何か月も必要ですので、しば

らくはスコアになりません。

その覚悟がなければ欧米打法への改造は無理です。

 

ご質問の体重ですが、インパクトでは右足に 9 割です。

ただ、体は左に体勢移動していますので、見た目とは

違います。