モダンスイング 21

欧米打法の伝承

バックスピンの掛け方とは

バックスピンはボールだけでは掛からない

Question

素人でもバックスピンが掛けられますか?
なんか柔らかいボールほどバックスピンかけやすいと言

われましたが、そんなボールってあるんですか?


Answer

どんなボールでもどんな打ち方でも必ずバックスピンは
掛かります。
バックスピンは多いほど吹き上がり飛ばなくなりますの

で DR などはいかに減らすかが勝負となっています。

 

アイアンの場合はバックスピンを多くするとスピンバッ

クして落ちた地点から戻ってきます。

ただ、それには条件があります。


まず、グリーンが柔らかい事で、落ちたところにボール
マークがつくほどの軟らかさが必要です。

次にウエッジの溝ですが、溝が汚れで埋まっていたり表

面がツルツルだと掛かり難くなります。

そしてダウンブローに打つ事でスピン量が増えます。

もちろん真芯に当たらなければスピン量が減ります。

 

そして、アイアンの形状が問題です。
一番掛かるのがマッスルバックで、次がセミキャビティ

ー、そしてキャビティー、ポケットキャビティーの順で

スピンバックするのはセミキャビティーくらいまでで、

プロでも M B が主流で操作性を優先しています。

 

そしてボールですが、昔ほど柔らかいものがないので、

どれを使ってもあまり変わらないのですが、スピン量の
多い物を選び、飛び系は硬いのであまり掛かりません。

 

まずは芯を外さない事、そしてダウンブローに打つ事が
安定したら操作性の高いクラブにして練習しましょう。

理想は落ちた地点で止める事で、決して戻す事ではあり

ません。


トッププロでもスター選手達は条件がそろえば 20 m ほ

ど戻す事が出来るのですが、意図的にスピン量を減らし

てその場で止めます。

これがスピンコントロールでこれが引き出しとなってよ

りベタピン率を上げる事ができるのです。


何度も優勝できるような選手はバックスピンだけではな

く、サイドスピンもコントロールして曲げ球を自由自在

に操作できて、メジャーに何度も優勝できるような選手

は 1 - 2 ヤードの縦距離の調整ができるほど正確です。