モダンスイング 21

欧米打法の伝承

左脇を締めると当たるが・・

インパクトでは左の脇はしっかりと締めておく

Question

練習場に行くほどどんどん、悪くなって行きます。
ダフリ、トップ、カット打ち、シャンク、引っ掛けでま

ともに打てなくなってきました。

 

注意点は

1)左わきを閉める、
2)頭を動かさない

 

の 2 点で、少し良くなってきたように感じますが、左わ

きを閉めるはやってみて意外とまともに球が飛ぶようで

すがスイングがコンパクトになりすぎて飛距離がでない

ように感じます。


振り回さない分だけなぜ良くなるんでしょうか?


Answer

当たっていたショットが芯を外し出す事は良くあります。
フォームのズレや軸ブレ、そして緩みが原因のほとんど

です。

 

左脇を締めるはこの中の緩みの改善ですので、これは基

本として必要な事でミート率が良くなります。


また、両腕の三角形が変形するのも緩みの一つで、これ

もできるだけ歪まないようにしたいものです。

 

そして、左手の手首が甲側平側に曲ると軌道がブレます

ので、これも確認する必要があります。

 

頭を動かさないは軸ブレの改善ですので、これも必要な

事で、同時に左右のスエーや起き上がりなどの軸ブレも

確認してみてください。

 

さて、左脇を締めるとスイングがコンパクトとあります

が、フォローが小さくなって折り畳みが早いと言う事な

のでしょうか?

 

左脇を締めるのは内側に力を入れると言う事でフォロー
は最後まで締めている必要はありません。
インパクト直後くらいまではしっかりと左の肩は固めて
おくのですが、その後は両腕を伸ばしたままハイフィニ

ッシュですので、左の肘をすぐに曲げなければフォロー

が小さくなる事はありません。

 

また、当たらなくなるとスイング速度が速くなってさら

に当たらなくなって悪循環に入ります。
ゆったりと、普段よりも速度を落として正確に当てる事
からしばらくはそれぞれの動きができているかどうかを
確認しながら立ち上げる事も大切です。