モダンスイング 21

欧米打法の伝承

手ではなく下半身で振るとは

f:id:swinganalyst:20211129193133j:plain

腰は先回りでもヘッドが手を追い越す時にインパク


Question

よく、「手は使わずに下半身で振る」といいますが、正直

これって正しいんでしょうか?
はっきり言ってそれを意識すると手とクラブが(デンデン
太鼓のイメージです)遅れて出てきて、右に飛んだりスラ

イスするだけです。


Answer

まず、手を使うと言う意味ですが、手で球を横からひっぱ

たいて飛ばすと言う事だと思います。

体を使わずにこの手だけで打つと手振りとなります。

 

下半身で振る、と言う意味は腰を開いて横の動きは腰で造

り、そして手は縦の落とす動作に使うという、分業で打つ

と言う事だと思います。

 

そして、それを意識するとデンデン太鼓になると言うのは

フトコロの三角形が潰れて手が後からついて来るような振

り方で、肩がかなり回ってしまい、フェイスが開いたまま

で打つと言う事だと思います。

 

フェイスが開くのは手とヘッドの位置関係で、ヘッドは手

をどこかで追い越さなければなりません。

それはちょうどインパクトで追い越すのがタイミングで、

その時にフェイスはスクエアが基本です。

 

しかし、デンデン太鼓だとすると手は先に行ってヘッドが

遅れて来るのでまだフェイスが開いています。

 

スライスはこのフェイスが開いたままでヘッドが手を追い

越さない事から振り遅れしているだけであって、腰の開き

とは直接的な関係はありません。

 

腰は開こうと開くまいと、手とヘッドのタイミングさえ合

っていれば球は真っ直ぐに飛びます。

しっかりと腰や脚など、体全体を使って横の回転を作り、

手は縦に落とす引き落としに使ってバランスを取ると手振

りではなくなります。

 

動画やいい加減な指導解説だけで習得しようとする独学ゴ

ルファーは見えない技や動作に気が付かず、このような勘

違いを思い込む事が多いので要注意です。