モダンスイング 21

欧米打法の伝承

ドローを打つ時の球の位置は

f:id:swinganalyst:20211230180547j:plain

スタンスでドローを打ち分ける


Question

ドローボールを打つ場合、ボール位置は右寄りの方が良い

のでしょうか。


Answer

ドローは打ち方が色々あるようですが、ストレートを打つ
打ち方でスタンスやフェイスの向きを変える方法を推奨い

たします。

これはタイガー以前のスーパースターだったジャックニク

ラウスのレッスンビデオで紹介されている方法です。

 

その方法とは球を右に置き、出球が右になるのですが、フ

ェイスが閉まっているのでカーブして戻って来ます。

そして右を向いて打ちますのでヘッドの軌道がインアウト

にはなりますが、体に対してはスクエアです。

 

ヘッドは打ち出し方向に振り、フェイスの向いている方向
に戻って来ると言うのがこの曲げ球の打ち方です。

これが一番シンプルで崩れ難く、ワンスイングで済みます
ので定着も早く安定し易い打ち方です。

 

ただ、キャビティーや硬いボールを使うと曲がり幅が少な

く、そして芯を外すと戻って来ない事があります。

右に出たままプッシュ球となりますので、芯を外さない事

が大切で、マッスルバックを使うと操作し易くなります。

 

また、ボールもスピン系を使い、しっかりと打ち込む事で

よりスピンが掛り易くなります。

ただし、ラフからはスピンが掛らないので曲げ球は使えま

せん。

 

カーブの曲線はクラブや球、そしてフェイスの向きや打ち

方などによって様々ですので、ご自身で何度も試して経験

で覚えるしかありません。

ただ、ストレート球が安定していないうちに曲げ球を練習

するとスイング自体が崩れる事もありますので要注意です。

 

近年、ボールの材質が変わり、よりスピンが掛り難くなり

ましたので、多少手で操作する事によってより曲げ幅を大

きくする工夫必要があるかも知れません。

 

ドライブ回転を掛けるためにボールの置き場所をどんどん

右にしたり、ローテーションを大きくしたりです。

 

タイガーウッズは球は一個分と言っていますが、高さによ

ってまた位置を変えていますので、通常よりも低いドロー

を打つ時はより右に、そしてハイドローを打つ時には左に

球の位置をずらしたり、インパクト時の手の位置を変えた

り、かなり器用な事をするのですが、アメリカツアーでも

そこまでの操作をする選手はそう多くはありません。

 

まして、アマチュアの場合にはストレート球を打つフォー

ムを変えずにドローを打つ事でご自身のスイングを崩さな

い事の方が大切かと思います。