モダンスイング 21

欧米打法の伝承

ハンドファーストはダメですか?

f:id:swinganalyst:20211025081514j:plain

ダウンブローで打つにはハンドファースト

Question

ルフレッスンに通い始めたのですが今まではアイアンでハン

ドファーストで当たり前の様に打っていましたがレッスンでは

ヘソから真っ直ぐと言われました。

シャフトをヘソからまっすぐにすると開き気味になりますし打

ちにくいんですがハンドファーストって基本的にはダメなんで

しょうか?

 

Answer

まず、質問者さんとレッスンプロとのコミュニケーションがで

きているかどうかですが、例えばグリップエンドがお臍を向い

ている角度でインパクトとか、フォローもずっとお臍を指して

いるようにとの指導があります。

 

これだけを聞くとハンドレイトで打てと言うように聞こえます

が、実はインパクトで腰が開いていればお臍の位置は目標方向

に移動しており、そのお臍を指しているのならハンドファース

トになっています。

 

先生の説明が足りない可能性もあり、また疑問に思った事はそ

の場で聞くと言う、生徒さん側の姿勢も重要です。

 

その質問で怒ったり、お茶を濁したり、メカニズムや原理が解

説できない先生では困ります。

 

もし、腰を開かずに、あるいは開いても、アドレス時のお臍の

位置でクラブを返せと言うのでしたら、それはまたその打ち方

があります。

バンカーショットやロブショットなどです。


これらはフェイスを寝かせて高く上げるショットですので、こ

の場合にはヘッドと手が垂直になった形で打ちます。

この際、高くは上がるのですが、右に軽くスライスするような

スベリ球が出ますので、これを調整するためにヘッドの先送り

をします。

 

このヘッドの送りは押し込みを早く開始して左手首を甲側に曲

げてヘッドを先に送る動作で対処します。

これで高く上がる真っ直ぐな球が打てますので、これはこれで

引き出しとして保存です。

 

この二つ以外でお臍を向けてと言うのは理解できません。

ハンドファーストは基本で捉まりの良さや方向、飛距離ともに

この形で打たなければナイスショットは期待できません。

タイガーウッズはそのハンドファースト度を変えて打ちます。


引き出しの多さは世界一で、シャフトの角度、手とヘッドの位

置関係は球質や高さで飛距離をコントロールしたり、スピン量

をコントロールできますので、SW で 60Y から 90Y まで 1 ヤー

ドずつ打ち分ける事ができます。

彼の最高のハンドファースト度は 8 度だそうです。

 

ドローで高く打つのは難しい事で、球の位置やインパクトでの

手の位置を変えて出しますので、その位置を覚えておいて再現

が自由に出来ると言うレベルで、タイガーチルドレン達がその

打球の球筋を見て驚くところの動画を見た事があります。

 

タイガーチルドレン達はそこを目指して毎日その技能をマスタ

ーするために、ゴルフの調子を調整するだけではなく上のレベ

ルを目指して練習しています。

 

ハンドファーストもある程度はどこで打っても良いのですが、

最初はどこにするかを自分で決めて、まずその位置に手が行っ

た時にリリースすると言うフォームを安定させることで、それ

が完全に固まってから今度は違う位置で打つ練習をして引き出

しを一つずつ増やして行くと良いでしょう。