モダンスイング 21

欧米打法の伝承

アプローチはハンドレイト?

インパクト時の手や球の位置で高さが変わる

Queston

 

アプローチの時はハンドファーストにするべきですか?
ハンドファーストにするとバンスが使えない気がするの

ですが。

 

Answer

 

アプローチとはグリーン周りの寄せでしょうか、それと

もグリーンを狙うためのショットの事でしょうか?

通常ショットの場合、アドレスで構えた手の位置でリリ

ースする場合、それよりくるぶし1個、2個、3個分ハ

ンドファーストにして打つ場合など、球の高さを変える

時に色々な場所で打つ事ができます。

 

アメリカではハンズフォワードといい、構えた位置より

も目標方向に倒して打つためにロフトが立って低い球を
打つ事で捉まりの良い打球を目指しています。

 

また、寄せはほとんど構えた位置でヒットしますが、バ

ンカーや上げたい時などはわざとハンドレイトにして打

ちます。
この場合構えた手の位置よりも飛球線上後方でヒットす

るのですが、普通に打つと振り遅れて擦り球になり、高

く上がって右に滑って流れ落ちます。

この場合はヘッドを先送りして球を捉まえます。

 

また、左手首を甲側に折って左手の平を後方に向け、イ

ンパクトでは地面に向け、フォローでは目標方向に向け

ると言う手の使い方をする打ち方もあります。

これによってヘッドが走り、振り遅れがなくなるととも

にロフトが寝て球が柔らかく上がります。

 

仰る通りにハンドファーストにした場合はリーディング

エッジから地面に着地しますので打ち込む場合には良い

のですが、軽く上げる場合にはバウンスを使ってザック

リ来ないようにします。

 

打ち方は色々とありますので、状況に応じて引き出しを
沢山持っていた方がスコアメイクするには良いかと思い

ます。