モダンスイング 21

欧米打法の伝承

インパクトはアドレスの再現?

f:id:swinganalyst:20210921053252j:plain

本来はアドレスもインパクトと同じにした方が合理的

 

Question

インパクトはアドレスの再現ですか?
ヘッドはハンドファースト、肩は飛球線と平行
腰はややターゲットの方に向くで正しいですか?

 

Answer

インパクトはアドレス時とは違う部位がほとんどです。
肩はスクエアですが左肩は吊り上がっており、右肩は下がります。
ハンドファースト度は球種によって違い、ほとんどはアドレスよ

りももっとハンドファーストになります。

 

一番違うのは恐らく腰の向きでしょう。
インパクト時にはほとんど開いており、腰の回転が速い人でした

ら45度ほど開いているかも知れません。

 

また、左膝は現代の打法では完全に伸びており、右足の踵は上が

って母指球で蹴っている最中です。

 

右肘はお臍があった位置に入って押し込む動作中で、左手首は山

になった状態でアドレス時の谷とは異なります。

 

アドレスの再現と言ったのは単純にヘッドが球の位置に戻ってい

れば当たるんだと言いたかったのかも知れません。

確かに同じなのはヘッドが落ちる位置くらいなもので、ほとんど

は猛スピードの動作中の一点です。

 

本来はインパクトの形でアドレスする方が合理的で再現し易いの

ですが、なぜか昔から打つ恰好では構えていませんね。