モダンスイング 21

欧米打法の伝承

バックスイングで右脚が伸びる

f:id:swinganalyst:20210920031843j:plain

トップでは右足はカカトに体重が乗り、右お尻が前に出ない



Question

テークバックの時、右足を真っすぐ伸ばすのは、スイングの一連

の動作の中で正解なのでしょうか?


Answer

教科書は伸ばさない事です。
ただ、ドラコン打法などは意図的に伸ばし、そこからスクワット
ジャンプします。

これによって飛距離を稼いでいるのですが、ドラコンはファウル
があるので方向よりも飛距離優先です。

 

また、初心者の方でしたらさほど気にせずに打っても構わないと
思います。
課題があまり増え過ぎると逆に当たらなくなる事も考慮すれば仕

方がないと思います。

 

しかし、上級やプロを目指す方でしたらやはり軸ブレに繋がる動

きは極力減らして削ぎ落したいところです。

 

膝の伸び縮みは構わないのですが、腰の上下が問題です。
結局、腰が上下しても第七頸椎が上下しなければスイング軌道を
邪魔しないので体は上下しても軸がブレなければOKです。

 

たとえばスクワットジャンプでもドラコン打法のようにわざと上

下運動を入れるのではなく、できるだけ上下、左右、前後の軸の
動きをなくせば、よりスムーズに効率の良い回転が出来、より精

度の高いスイングができます。

 

膝が伸びる原因は伸び上がりと腰の回転です。
腰が回転する事で膝が伸びるのは腰の高さが変わりません。
ところが、膝だけ伸ばしていると腰が上がります。

また、NGなのはリバースピボットです。

背骨軸がアドレス時の側傾と逆に傾いてしまう事で右膝が伸びて

しまうのでは色々な弊害を招きます。

 

できるだけ軸がブレないように動作して下さい。