モダンスイング 21

欧米打法の伝承

体が止まると引っ掛ける

f:id:swinganalyst:20211109201914j:plain

軌道円が目標に近い A だとインアウトになる


Question

スイングで左の回転が止まると左に引っ掛けるミスがでると聞い

たのですがそれは何故でしょうか?
その状態はどういったもので、その状態を改善するにはどのよう

にしたらよいでしょうか?


Answer

上の図のように B の軌道で打つとヘッドはアウトインでフェイス

が左を向いた状態でインパクトですので左に引っ掛けます。

 

体が止まるとか、腰が回転していない、などの表現でそれを現わ

しているのですが、体重移動をする事で解消できますし、体重移

動によって楽に打つ事が可能です。

 

ただ、どの程度移動するかは人それぞれで、ハンドファースト

する事でも調整が可能です。

このようにどんな打球になるかは手とヘッドの位置関係でほとん

ど決まります。


また、ローテーションによってもフェイスの向きが変わりますの

で、体重移動が毎回一定である事、そして手とヘッドの位置が毎

回同じである事、さらにフェイスが真っ直ぐを向いている、と言

う3つの条件が揃って初めて真っ直ぐに出るストレート球になり

ますので、引っ掛けを治すにはこれらの事ができるようにする事

です。これが方向調整です。


どうするとハンドファーストになり、ハンドレイトになるかなど

のノウハウを良く知る事や、どうすればフェイスが思った向きに

なるかなどもある程度の法則がありますので、それを習うか模索

して球数打って探し出すかで真っすぐに打つ事ができるようにな

ります。

 

たとえばヘッドがインアウトになっていても、フェイスが右を向

いているとプッシュになるのですが、フェイスが左を向いている

と打球は一度右に出て真ん中に戻ってきます。これがドローです。


上の図で A の軌道で打つ事でダウンブローでドローになると言う

事です。