モダンスイング 21

欧米打法の伝承

インパクトで起き上がる

f:id:swinganalyst:20210922064809j:plain

前傾を維持したままフィニッシュ

Question

打つ時にどうしても上体が起き上がってしまいます。
構えた時のお尻の位置がインパクト時には前にでており下半身が

固定できないと思います。

 

お尻の位置や前傾姿勢を崩さないように意識はしているつもりな

のですが、なかなか良くなりません。

直したいのですがアドバイスをお願い致します。

 

Answer

インパクト直前に左の腰を引きます。

テイクバックで右足の踵に体重が乗り、切り返しで右足の母指球

に移動し、そこから左足の踵に向かって重心が移動します。

 

つまり、右から左後ろに体重が移動する事で左の腰を引く(左の

お尻を後方打席に突き出す)動作がスムーズになります。

 

テイクバックで(右のお尻が)後ろ、ダウンスイングで(左のお

尻が)さらに後ろとタイガーは指導しています。

 

この腰引きをしながら腰自体を回転させて開きますが、その際に

上半身だけ沈むように圧縮する事で体の弓のバネが使えます。

 

このバネはタメによって肩の回転が速まりますので、このパワー

を起き上がりで緩めてしまうと損してしまいます。

 

起き上がりの原因は腰を開いたり左膝を伸ばす事で腰の位置が上

がる事、また掬い打ちのように球を持ち上げる動作によって体が

伸び上がる事、あるいは球を見ようとして打つ前からフェイスア

ップするまどがあります。

 

いずれにせよ、腰引きがないと右肘が入るスペースがなくなって

リリース位置が左に行かずにハンドファーストで打ち難くなりま

すので、右肘がお臍の位置まで落とせるように体をどかす意味も

あります。

 

また、前傾角度が変わると軸がブレる事になりますので、ミート

率や再現性が落ちる原因にもなります。

 

切り返しのタメで腰は左、頭は右で沈むくらいに圧縮し、打ち終

わるまで腹筋をしっかりと使って沈むようにして打ち、フィニッ

シュでも前傾を崩さないほどしつこく前傾を維持してみて下さい。