モダンスイング 21

欧米打法の伝承

ヘッドを右足の前に落とせ?!

帳尻合わせ打法で上手くなった人はいない

Question


ダウンスイングは右足の前にヘッドを落とせ!と言われましたが、
それだと絶対ダブりませんか?


Answer

 

振り遅れの修正として、ヘッドを前倒ししてタイミングを調整する
ために恐らくそう言われたのかも知れません。

 

手のスイング速度が速すぎて、ヘッドがついてこられず、振り遅れ
でスライスが出ている人には一時しのぎですが対処療法としてヘッ

ドから落とすような動きをすると治る事があります。

 

これは前倒し打法としてトップからグリップエンドを垂直に落とす

とヘッドが先走りして逆に左に引っ掛けたりするほどヘッドが先に
行きます。

 

それはローテーションを早める意味でグリップエンドを軌道から外

して右足とか右ポケットに落とすなどと説明されている振り方で、

これでヘッドを先に行かせるか、あるいは左の親指などでコックの

リリースを早めてヘッドから落として来るような動きにすると間に

合うのです。

 

この場合、左肩で引っ張って横降りをしている人は力むとヒールト

ップするのですが、このようにヘッドから落として来ると帳尻が合

ってダフリもせずにまともに当たる事があります。

 

リリースが早いと通常はダフるのですが、自己流で色んな振り方を

している人がいますので、帳尻さえ合えば当たります。
ただ、普通に振っている人だと確かにダフるかと思います。

 

その場合は、横を強くすれば帳尻が合いますので、お遊びゴルファ

ーならこの帳尻合わせでも前に球が行けば良いと思います。

 

しかし、競技ゴルファーとしてはこのレベルで帳尻合わせをしてい

る分けには行きませんので、逆にレイトヒティングでヘッドが後か

ら落ちて来る打法で定着させないと飛距離が伸びません。

 

また、右から左への体重移動をせずに右軸で回転して帳尻合わせを
する人がいますが、その場合もやはり右脚前で打てみたいな事を言

う人がいますが、やはり背骨軸の方が飛びますし、体重移動を入れ
た方が飛距離が出ます。

 

将来の事を考えると基本通りに動かして効率を上げて行く事が大切

で、余計な遠回りをしないように気を付けて下さい。