モダンスイング 21

欧米打法の伝承

トップの形が安定しない

アドレスで右に側傾、テイクバックでさらに側傾を深める

 

Question

 

トップを作った際にリバースしてしまい困っています。
トップで左足に体重が乗ってしまいます…

なんか形が悪いのですが、いつも同じ所に上がっていないか

も知れません。


Answer

 

テイクバックの方法や様々あって、究極的には同じトップの

位置に上がればどれでもあまり変わりませんが、打ちやすい

効率の良い形にする事が大切です。

 

今の上げ方でリバースになるのでしたら、違う方法で上げる
事も選択肢の一つです。

 

また、トップの形を記憶させる方法も多々ありますので、ま

ずは左肩の位置と腰の位置関係を覚えると良いでしょう。

 

リバースピヴォットは左の肩が右に行っていない事や腰も一

緒に右に行く事、そして逆の左に傾く事で起きますので、そ

の位置関係を体の形や重心位置で覚える事です。

 

まず、鏡の前でクラブを持たずに肩の回転を練習し、背骨が
動かないように肩を回します。

これはおでこを壁に着けてこの運動をするとリバースになり
易い事から、頭ではなく背骨を動かさない回転にします。

 

この際に腰がスエーしないように止めて、同時に右膝も止め

て左の肩を右膝の上まで回します。
鏡の自分を見ながらその時にリバースになっていない事を確

認し、その動作を毎日できるだけ行い、最低3週間はそれを

続け、次にクラブを持ってトップまで上げる練習です。

 

これも鏡を見ながら3週間行ってトップの形を体に覚えさせ、

それから練習場で撮影しながら素振りです。
鏡やスマホで確認しながらテイクバックだけのドリルを行い、

振っても素振りだけにします。

 

これも球を打たずに素振りを3週間やってから球打ちをする

とほぼ治っています。

これを近道だと思って途中で球打ちをすると元の形にすぐに

戻ってしまいますので要注意です。

 

この忍耐が必要なのがゴルフです。
楽して上達できるような上手い話はありません。
できるまでやるしかありませんのでまずは覚悟する事です。
ゴルフに近道はありません。