モダンスイング 21

欧米打法の伝承

左手リードでシャンク

f:id:swinganalyst:20210707062338j:plain

  ショルダープレインを縦にした三軌道一面化打法

 

Question
左手リードだと、なぜかシャンクが止まらなくなります。
原因わかりますか?


Answer
まず原理的に左の肩で引っ張るとヘッドは浮きます。
その理由はショルダープレインがフラットだからです。

左肩がフラットに回ると、遠心力でその延長上にヘッドが

乗ろうとしてヘッドもフラット軌道になります。

 

昔のリゾートスイングはゆっくりなので遠心力があまりな

く、中期のスイングはトップの位置がアップライトで縦が

強いのでなんとか帳尻が合ったのです。

 

ところが現在の欧米打法のトップの位置は後ろで軌道はフ

ラットで、しかも超高速になっており、昔のように肩を水

平に回しているとトップしたりシャンクするのです。

 

これを改善したのが今の欧米打法で、肩の上下を入れ、左

肩が最下点からインパクトで頂点に縦に動き、その線を結

んだ延長上に球があるセットアップにする事で、高速にな

るほど軌道修正されて当たると言う振り方をしています。

 

これは思い切りボディーターンをしても、思い切り振って

も当たる打法で、タイガーの出現以来、欧米男子はほとん

どがこの原理で打法を組み立てています。

 

これはトップで左の肩をできるだけ下げ、インパクトで出

来るだけ上げると言うショルダープレインを出来るだけア

ップライトにする事で、簡単ではありませんが、この打ち

方をすると体は圧縮で沈んでも肩の吊り上げでブランコ漕

ぎ効果も出て、しかも右肩がインパクトでかなり下がりま

すので右肘をお臍まで落としてから押し込むと、押し込み

幅が大きくなって飛距離も出ます。

 

まず、トップで左肩を思い切り下げて、できるだけ上げず
引っ張らずに体重移動して体を弓にし(バンプ)、後ろを
向いたまま両手で引き落とし(ダンプ)、それから右肘を
伸ばしながらターンです。

 

どこをどうすると良い球が出るかを頭で理解し、そのメカ
ニズム通りに振る事で再現性も高まります。

聞きかじりの指導で試行錯誤すると無駄に遠回りしますの

で、その打法のフォームを習う事をお薦めします。

 

f:id:swinganalyst:20210707062244j:plain

   これが肩を水平に回せと言われた古い打法