モダンスイング 21

欧米打法の伝承

腰を回すとトップする

左肩の軌道を縦にしてその軌道上に球があればヘッドは浮かない


Question

手打ちのため、コースに出るとトップやダフリが多い

ため、下半身主導のスイングへ改善中です。

今のスイングを後ろから見ると、インパクト時にお尻

が見えるぐらい腰を使えて来ました。

 

しかし、以前はシャンクが全く出なかったのですが、
最近は1/20ぐらいの確立でシャンクが出ます。

また、特にSWやPWなどは、かなり左へ曲がります。
どうしたら飛んで曲がらない球が打てるでしょうか?


Answer

腰が使えてスイングの横回転の速度が上がったと言う

ことだと思います。

これで縦と横のバランスが合わなくなった事でヘッド

が外回りをして浮いてヒールに当たったりトップやシ

ャンクをするのだと思います。

 

このように横を強くしたら同時に縦も強くするバラン

ス調整を行う必要があるのです。

 

もともと、横が強いとヘッドが浮くのは肩の回転がフ

ラット軌道だからです。
左肩の軌道(プレイン)上にヘッドが乗ろうとするの

が原理ですので、このショルダープレインを縦にして、

そのプレイン上に球があればいくら速く振ってもヘッ

ドの軌道はズレません。

 

しかも、肩の軌道が縦だと軌道修正されてミート率も

上がるはずなのですが、ヒールトップしてしまうのは

このショルダープレインがかなりフラットだからです。

 

チャンプやデシャンボーの左肩のプレインを見るとか

なり縦軌道で、そのプレイン上に球があります。
これはショルダープレイン、手の軌道、そしてヘッド

の軌道の三軌道が一面上にあり、なおかつ球があると

いう事で超高速で振ってもヘッドが浮かなくなります。

 

この三軌道一面化ができない方はトップでの左肩の位

置をできるだけ低くし、後ろを向いたまま肩を開かず

に引き落とすなど、縦を強くする事でヒールトップや

シャンクを防ぐ事が可能です。

 

また、ウエッジが左に曲るのはヒールトップしている

可能性もあるのですが、それとは別にオーバースイン

グなどの違う原因があるかも知れませんので、検証し

て原因を特定する必要があるでしょう。