モダンスイング 21

欧米打法の伝承

トラックマンで誰でも上達?

f:id:swinganalyst:20220315183907j:plain

いくら数値が分かっても修正法を知らなければ意味がない

Question
トラックマンを購入して活用すれば誰もが上達します

かね?


Answer
しません。
誰もがではなく、練習内容と使い方を知っている人だ

けです。

 

まず、このトレイサーの用途は2種類です。
一つは室内で打ってもどういう球筋でどのくらい飛ぶ

かと言うのを計算によって見せてくれる事で、どんな

球筋なのかを見てフォームを修正するのに使えます。

したがってその球筋によってどこが悪いかが分かり、

どこをどう治すか分かり、実際に治せる事です。

 

ただ、この場合は屋外の練習場で実際に球筋を診れば

良い事で、冬場で練習場が空いていない地域や、都内

で練習場まで遠いなどの場合は便利ですが、 300 万出

さなくてもスカイトラックの安い物でも代用できます。

 

そして二つ目の用途ですが、これはトラックマンでな

いと出来ないような練習段階の人です。
番手間距離の練習、高さを変えて打ったり、曲げ球の

練習など、高度なレベルの人には必須です。

 

たとえば、50 Y ~ 150 Y ほどの距離でバーディーを取

りに行く練習です。

コースボールで実際に芝の上から打って、キャリーで

どのくらい飛ぶか、2 Y 刻み、3 Y 刻みで落とす練習は

これが必要です。

 

番手間の距離を出す練習には、このような繊細な精度

を上げる練習が必要で、どれだけ飛んだかをその都度

見ながら練習ができないと、この縦距離の練習はでき

ません。

 

ヘッドスピードやスピン量、入射角などを見ても診断

して修正できなければ意味がありません。
計測機ばかり集めて教えているレッスンプロがいます

がその数値の意味が分らず、どういう動作で打てば理

想の数値が出るかも分からなければ役に立ちません。

 

タイガーウッズやジャックニクラウスなどは 1 Y 刻み

で150 Y 以内はベタピンにつける能力を持っています。
トラックマンがない時代にその技能を身に着けたので

すがまずは技術を習得し、訓練して腕を磨く事で習得

するのです。

 

その時代はトランシーバーを使ってキャディーをグリ

ーン近くに立たせ、一球ずつどこに落ちてどこで止ま

ったかを報告してもらって練習していたのですが、実

際に本人が画像として見れるようになった事でより分

かり易くなりました。

 

マットの上からやレンジボールではその縦距離の練習

は正確性に欠ける事から、ラウンドが終わった午後か

らコースを借り切る必要があります。

 

ゴルフの究極の技能はこの番手間のベタピン率です。

この能力がスコアをほとんど決めますので、何ヤード

間隔で打ち分けができるかが勝負です。