モダンスイング 21

欧米打法の伝承

ドローとフェイドどちらが飛ぶ?

f:id:swinganalyst:20211013170512j:plain

どちらが飛ぶかは打ち方しだい

Question

ドローとフェードでは、ドローの方が飛距離が出るのでしょうか?
ドローの方が飛距離が出るのであれば、理由は何故でしょうか?

 

Answer

まず、どちらもサイドスピンの分だけ風の抵抗を受けている事で

ストレートよりも理論的には飛距離は出ません。

 

そして、ドローは普通に打つと弾道が低くなり、その分だけ飛距

離は出ます。

しかし、フェイドでもローフェイドを打って高さを同じにすれば

原理としては飛距離は変わらないはずです。

 

しかし、打ち方に違いがあると飛距離は変わります。
全く高さも同じ、スピン量も同じで打ったとしても違いが出る要

因は肩の開き開始ポイントです。

要するにヘッドの軌道がインアウトかアウトインかと言う事です。

 

もし、肩始動でアウトイン軌道で打つとフェイドになり、インパ

クトでは肩が開いています。
これは引き落としの縦の動きが先で回転が後になるドローの打ち

方とは違って効率が落ちるためヘッドスピードが落ちるのです。

 

縦の力は横の10倍ほど強く、できるだけ縦の力を使いたいのが

スイングですので、肩を開かずに半分は縦に落とし、残りの半分

を回転にする打ち方が理想で、昔からバンプ、ダンプ、ターンと

言われているのです。

 

しかし、最近ではパワーフェイドを言う新しいフェイドの打ち方

が出来て球を左に置き、タイミングはドローと同じで肩を開かず

に落とすのですが、フェイスを少し開いてハンドファーストにす

るとローフェイドが打てます。

 

このように打ち方でも飛距離が違いますので、それぞれの打ち方

によってもどちらが飛ぶとは一概には言えないと言う事です。