モダンスイング 21

欧米打法の伝承

テイクバックで右に行き過ぎる

腰が右に行かないように右足の内側で止める

Question

 

テイクバックで体が全体的に右に行っちゃうんですね。
本当は重心がブレないように体を捻るんでしょうけど、何かコ

ツはありますか?

 

Answer

 

まず腰が右に行かないようにします。
これは鏡を正面に置いてボディーターンの練習です。
ご自宅でも出来る事ですので、毎日でもスエーしない練習です。

 

そして次に頭を動かさないようにするのですが、厳密に言うと
後頭部が動かない事で前は動きます。

 

その時に左肩でクラブを右に押して右膝の上に行くように肩を

下げながら後頭部を動かさないように自分の背中を見るような

体勢になります。

 

後頭部が固定され、その中で目いっぱい上半身だけ右に行けば
ちょうど良い背骨軸になるはずです。

上半身はもともとアドレスで右側傾があるのですが、テイクバ

ック中にさらに側傾を深めて第七頸椎が動かないようにします。

 

この感覚でテイクバックして定着させても、さらにズレる事も

ありますので、しばらくは毎日の立ち上げ練習の時になぞりで

正しい動作ができて、背骨軸がブレていないかどうかの確認を

してから練習を始める事をお薦めします。

 

また、バックスイングで反動や勢いを付けて上下運動が入った
上げ方をすると重心がズレたり、軌道や軸がズレる事がありま
すので、慎重に上げる事を心がけてください。

 

最初はなぞり、そしてスロー、それから素振りをして動画で撮

ってそれで思った通りに動いている事を確認してから球打ちを

すると変な打ち方をしなくなると思います。

 

いきない球を打つとボールに意識が行ってしまい、動作や軌道

が疎かになったり体が緩んだり、また力みが入ったりしますの

で、特に立ち上げはていねいに且つ慎重に行って下さい。

 

また、それを最低半年くらいは続けてやらないと忘れたり、ズ

レたりしますので、定着する3年間は要注意です。