モダンスイング 21

欧米打法の伝承

ミスを引きずらない方法とは

身の程を知れば落ちむ事はない


Question

 

コースに出た際、ミスショットをしてしまった時、どのように
切り替えたら良いのでしょうか?


私は、引きずりすぎてしまってそれからズブズブミスを繰り返

します、、、。


いい切り替え方法ありましたら教えてください。
よろしくお願いします。


Answer

 

まず、ミスが出た時にショックで落ち込むのを何とかしなけれ

ばなりません。

なぜショックなのかを考えてみてください。
ショットが芯に当たらないミスですか?それとも芯なのにプッ

シュしたり、引っ掛けたりのミスなどと、その原因が判れば納

得がいきます。

 

何も考えずにミスって、その原因も何も考えずにナイスショッ

トが出ないと言うだけで落ち込むのでは納得も行かないし、何

でミスが出たのかも解らずにショックや怒りが出てきます。
それは簡単に言えば無知だからです。

 

しかし、プッシュしたのが突っ込みだとその場で分れば、まだ

まだスイングの定着練習が足りていない、フォームの再現性が

足りないのは練習不足だとすぐに分かり、その場で納得が行く

はずです。

そして原因が判ればそれを課題として練習すれば必ず克服でき

るので診断力と修正力を身に付ける事です。

 

何でこんな簡単な事が出来ないのか!と自分に怒りを感じるの

は出来るはずだと勘違いしているからで、失敗すると言う事は

まだまだ再現性が足りないと言う事を知らないのです。

 

練習も不足しているのに期待だけ大きいから落ち込んだりする

だけで、やらなければならない事を棚に上げて置いて、虫の良

い事を言っているだけなのです。

 

またカッコ良いところを見せてやとうなどの野心があると期待

外れでガッカリしたりする事もあります。

 

世界トップコーチのブッチハーマンはお父さんがマスターズで

優勝した人で、自分もツアープロとして活躍していた時にボロ

ボロで帰って来て、結果が悪かった事で頭に来て興奮している

のを見てお父さんは「お前は下手なんだから怒る資格はない」

と言い放ったそうです。

 

これは身の程を知れと言う事です。

下手な人間はミスをして、それは練習すればミスしなくなるの

だから、課題が見つかって良かったと言う事です。

 

余計な邪念は捨てて、自分のゴルフをしていて背伸びしなけれ

ばショックや落ち込みや怒りはさほど出ないはずです。

 

定着には3年は掛ります。
しかも同じ事を3年やっての話で、ちょっと変えたり、知らな

いうちにズレていたり、勘違いが入っていたり、やっている積

りだけでやっていなかったりしたらもっと掛かります。

 

ほとんどのゴルファーは定着練習をしません。
練習場で良い球が出たら、良し、と言って次の事をするんです。
ナイスショットが出たら、そこからが定着練習で、毎日 60 回の

ナイスショットを 21 日間連続でだせれば、8 割は定着します。

ほとんどのゴルファーは毎日同じ事をやっていないのです。
酷い人は毎回違う事をやっています。


それでは 40 年やっても安定しません。

コースでミスが出たら、それを練習場でミスが出なくなるまで

定着練習をすれば良い事ですのでいちいち気にしない事です。


下手なんですからそんなにハードルを上げて上手いと思わない

事です。期待し過ぎるから頭に来るのです。

 

とは分かっていても、感情がなかなかついて行きません。

切り替え能力とは素直さです。
ミスは練習不足だと素直に受け止める事で、良し、しっかりと

練習するぞ~と意欲が出て来て前向きになれるはずです。

 

これもある程度経験が必要かも知れません。
普段から切り替えの練習をしたり、期待し過ぎないようにする

事も役に立つかも知れませんね。