モダンスイング 21

欧米打法の伝承

正しい体重移動とは

タイガー打法は体重が二往復する


Question

スイングのときの体重移動がいまいちわからないので教

えていただけないでしょうか。

テイクバックをしたときには体重の半分以上が右足に、

また、右足太腿裏が突っ張った感覚があります。

 

次のステップですが、右足で地面を蹴るようにして左足

体重移動するのでしょうか?
それとも左膝を引くようにして左足を伸ばすのが正しい

でしょうか?

上手な人はスイング後に左脚が伸び切っている印象です。


Answer

体重移動とは単純に直立して両脚を広げ、右の膝を抜く

と右に倒れそうになり、これで体重が左に移動する事に

なります。

 

そして、切り返しで今度は左脚の膝を抜くと勝手に左に

体重が移動して来ると言うのが原理です。

右に乗り過ぎたり、足りないとこの現象がなく、無理や

りに力を使う事になります。

 

タイガーウッズはこの方法で体重を移動しています。
ただ、彼はこの基本の上にレッグアクションが入ります

ので、左右の足に掛かる体重はスイング中2往復します。

 

飛距離を出すほど使う部位が多く複雑になりますのでイ

メージや感覚だけではその動作は真似できません。

面倒ならばこの左右に移動するだけのシンプルな体重移

動で充分に打てますので、初心者の方はこれで良いと思

います。

 

そして、上級の方でとくに欧米打法を希望されている方

達にはタイガーの体重移動をご紹介致します。

 

基本的な体重移動にプラス、彼はトップの切り返しで右

足の踏みつけを行い、伸びた背中を丸くして引き落とし
をしながら左足のつま先で前に蹴りながら膝を伸ばし、
インパクト直前に右足のつま先で蹴りを入れるために体

重移動が二往復します。

 

これは笹生選手がマキロイから聞いた体重移動の方法と

して報道された内容と一致します。

 

二往復とは片足ずつ2つの体重計に乗ってスイングした

時にどちらの体重計の針がどれだけ動いたかと言うお話

で、テイクバックで右の体重計の針が振れ、そしてトッ

プの踏みつけで最大になり、左足の蹴りで左の体重計の

針がフルに振れ、そして打つ時には右脚の蹴りによって

また右の体重計の針が振れて最後に左に体重が全部移動

すると言うものです。

 

したがって、体勢はテイクバックで右に移動し、フィニ

ッシュで左に移動する一往復なのですが、体重計の針は

二往復しますので、どれを体重移動と定義するかで内容

が違ってきます。

 

また、この両脚の動作によって地面を蹴って体重だけで

はなく筋力によって反発力を使いますので、腰の開きが

速くなったりインパクトの重量が増えて飛距離が出ます。

 

タイガーウッズは 30 年前からこのように難易度の高い、

高等技術で飛距離を出しており、それをマキロイやアダ

ムスコットがコピーし、今やマキロイをコピーする笹生

選手らの孫世代まで浸透し、世界の標準打法となってい

るのです。

 

300 Y 飛ばない方はまだタイガー打法をマスターしていな

いと言う事ですので、正しい動作を習いましょう。