モダンスイング 21

欧米打法の伝承

上手く当たる気がしません

f:id:swinganalyst:20220104050012j:plain

成功体験が自信を作る

Question

ゴルフ始めて2年目なんですが、練習も 100 切りも達成し、

順調なんですが、アドレスで立った時に、ミスショットや

擦り球などネガティブなイメージしか湧きません。

払拭するにはどうしたら良いですか?


Answer

ゴルフは最初は技能ですが、後にメンタルにきます。
アドレスした時に当たる気がしないと言う現象は主に失敗

経験が多い人ほどあるようです。

 

いい加減な打ち方で当たる方法を探して模索する人は成功

体験より失敗経験の方が多いので、トラウマ的な失敗妄想

が起きてしまいます。

 

これを払拭するには成功体験を失敗経験以上にする事です。

偶然当たるのを待って、当たったらその動きで振ると言う、

試行錯誤型の我流の方はこのような状況に陥り易いのが現

状です

 

ゴルフは経験と感覚で覚えるものだと言う人がいるのです

が、それで成功する人はごく少数で、挫折して辞めた人が

多く、後輩達は辞めた人には会いませんので、その少数の

人の成功談が最良の方法だと勘違いします。

 

ところが、偶然当たる方法を探し当て運良く定着させるに

は、本当に恵まれた人で、失敗体験以上に成功体験をする

だけの練習量があった人だけですので、ゴルフを甘く見て

はなりません。

 

初期の段階から基礎や基本動作を習い、失敗をしない練習

で良いイメージを積み上げていかないと、このように当た

る気がしなかったり、最悪はイプスになるのです。

 

やたらと球を打ちたがる人がいるのですが、まだ体の動き

にバラつきがあり、ヘッドの落ちる位置が 2cm もズレてい

る間は球を打っても失敗するのは当たり前です。

素振りやイメトレでしっかりと基本動作をある程度安定さ

せてから球打ちをしないと失敗経験が増えてしまいます。

 

いかに成功体験を積んで自信を付けるかが勝負ですので、

教科書通りに最初から当たる「形」と言うフォームを習得

しましょう。

 

質問者さんは恐らく今までにミスショットが多過ぎて、そ

の失敗体験が刷り込まれて自信を失っていますので、再現

性が高まり、より精度が上がる打法を身に付けて、しっか

りと成功体験を積むと良いでしょう。