モダンスイング 21

欧米打法の伝承

飛ぶ、飛ばないの違いは?

打球の高さやスピン量でも飛距離は変わります

Question

軽く振って見えるのにボールがよく飛ぶ人と、思い切り

振って見えるのに全然ボールが飛ばない人の違いってな

んですか?


Answer

軽く振っているように見える振り方があります。

それは、スイング速度はさほどでもないのにヘッド速度

がある場合です。

 

手のスピードがいくら速くてもヘッドスピードが遅けれ

ば飛距離はあまり出ません。

これは、レイトアンコックや後ろ倒しのレイトヒティン

グによってヘッドの速度を上げると打球は飛ぶのです。

 

実際、マンブリすると手の速度が上がります。
これによって逆にヘッドが走らなくなる事もあり、力み

として芯を外したりで飛距離が出ません。

ところが、真芯を捉えてヘッドスピードが上がっている

と手の速度自体はゆっくりでも飛ぶのです。

 

また、欧米選手のようにゆったりと振っているように見

えるスイングでも、実際にはかなりの力を使っていて、

全身にかなりのパワーが入っている打ち方もあります。

 

また、テークバックを速くするとスピード感があり、速

い速度で上げるとスイング全体が速く見えたりもします。

そして、効率が良い場合にはゆったりと見えたり、重量

がないと飛ばなかったりします。

 

重量とはヘッドの反発力と、ボールの反発力の二つが関

わって飛距離を左右するのですが、ボールを潰す事でボ

ール自体の反発力が使えますので、インパクトでどれだ

け重量が掛かっているかで潰れ方が変わります。

 

例えば当たる瞬間にしっかりと握っているのと握力を緩

めている場合では飛距離が全然違います。
また、手の握力だけではなく脇を締めているとさらに重

量が増し、地面を脚で押している場合にはさらに重量が

増します。

 

力量や張りなどは見た目には分かりませんので、特に全

身に張りを作り、エネルギーを全身にタメて打つ欧米打

法は動画だけで習得しようとしている日本には未だに上

陸していません。

 

全ての飛ばしの技を組み込み、その見えない張りや筋肉

の使い方マスターできているかどうかは飛距離を見れば

分かります。

 

手探りや試行錯誤では一生見ることのない世界がありま

すので、ミクシーのバーチャルゴルフ教室で解説してい

る内容を参考にして下さい。