ダフリの応急処置

 ラウンド中は帳尻合わせ

Question

 

ラウンド中に少しずつ当たりが厚めになり、し

だいにダフリやテンプラが出る時はどう修正し

たら良いのでしょうか?

 

Answer

 

最初にチェックするのはアライメントです。

アドレスで右肩が前打席方向に出ている場合、

すなわち肩だけ左にエイミングしている時には

ダフリます。

 

ラウンド中は自分がどう構えているか見えない

事からどんどんズレますので、厚く当たり始め

た時に試しに右肩を引いてみると判ります。

それで治れば肩の向きだったと言う事でそれを

維持すれば問題ありません。

 

次に緩んでダフると言うケースがあります。

ドライバーの場合は左肩の吊り上げを入れると

帳尻が合い、アイアンは体全体に軽く力を入れ

ながら打つ事で緩みが取れ、張りのあるスイン

グになります。

 

これは窮屈だと言われる方がいるのですが、実

は普段から楽してスイングしているのかも知れ

ません。

特に飛び過ぎると言う懸念がある場合などにダ

フる場合にはこの緩みが原因が多いので試して

みると良いかと思います。

 

そして厄介なのは縦横バランスの崩れです。

ダフる場合は横が弱くなっている時ですので、

腰の開きが弱くなっていたり、体全体の回転が

疲れなどで悪い時などにバランスが崩れますの

で横の力を強めてバランスの調整をします。

 

そして、単に最下点が右過ぎる場合もあります

ので体重移動ハンドファーストを意識してみ

て下さい。

 

これで治らない場合はラウンド後にスイングチ

ェックしてもらって修正して下さい。