スイング理論が皆バラバラ

欧米打法の教科書を参考にされては如何ですか?

Question

 

プロゴルファーってスイングの基本をレクチャーする動画

よく出してますが、それぞれ理論が違いすぎて、基本とさ

れてる事がわかりません。

 

例えば A のプロはスイングの時に腰を後ろに捻って横から
見てもわかるくらい大袈裟に… 顔は多少うごくくらいでも

良い、B のプロは腰の位置は動かさず腰だけを回転させて顔

は止まったまま振る…

C のプロは手打ち確実にコントロールする。
どれがしっくりと行くんでしょうか?


Answer

 

日本のゴルフはまだ歴史が浅く、我流で外国選手が来日し

た時に見て雰囲気だけ真似てプロになった選手が主流だっ

た時代がありました。

 

誰に習った訳でもなく、かじっただけで完コピした人もい

ないだけではなく、勝手な動きでも固まれば上手くなって

その人達から習った選手やレッスンプロ達が日本の現在を

支えています。

 

そしてつい最近ですが動画で世界の選手のスイングが手軽

に見れるようになり、形だけでも真似る事ができるように

なり、日本でも 300 Y をキャリーで超える選手が上位に来

るようになり、アメリカで言うと 1980 年代にやっと辿り

着いたところです。

 

ただ、まだ身長や筋力で飛ばしている人がほとんどで、タ

イガー打法などの技を習得した選手はおりません。

マキロイのように小柄でもキャリーで 320 Y を出す事がで

きるのは飛ばしの技を組み込んでいるからです。

 

その技術は 10 億円ほどの価値があるのにも関わらず難し

いからとか、そんな事はやっている人がいないとかで組み

込もうとするプロがほとんどいません。

 

まして、YouTuber やレッスンプロ達は集客用に 100 切を

目指す人達を対象に宣伝活動していますので、あまりにも

多種多様で混乱するばかりです。

 

世界の主流打法の教科書を持っている人すらまだ日本には

いませんので、それを体得して他人に教えるまでにはかな

りの時間が掛かるかと思います。

 

どの筋肉をいつどのように使ってどんな動作をするのでそ

の形になるのかと言うメカニズムを解説できる人もいませ

んので、いくら動画を見てもマキロイ打法は完コピできな

いのです。

 

マチュアでシングルを目指しておられる方達にはマキロ

イ打法はあまり必要ありませんので、ご自身がしっくりと

来る打法を習得すれば良いかと思います。

 

高橋塾は 7000 Y 以上の試合設定のコースのフルバック

ら常に 60 台で回る事が出来る技術や引き出しをご紹介し

ています。