モダンスイング 21

欧米打法の伝承

30 Y 以下の寄せが難しい

ローチップで転がす

Question

 

30ヤード以下のアプローチが苦手なのでバウンスを使ったアプロ
ーチを練習していますが、なかなか上達しません。
良い練習方法、参考となるコツなどを教えて下さい。
尚、練習では主にロフト56度、バウンス角14度のウエッジを使っ
ています。


Answer

 

仰るように短い寄せは打ち込めないのでローピッチでドスンとや
ると飛び過ぎたりダフッタリします。

 

まず、クラブですがバウンスが 4 度くらいの物を使います。
14 度は砂用ですので下にもぐらないように作られたものです。

ロフトは何度でも同じですが、色々な種類の打ち方があり、用途
に応じて選択します。

 

まず、球が浮いている場合は球を左に置いてハイピッチです。

球が浮いていればしっかりとフェイスが球の下に入り、芯に届き
ますので、どんな打ち方をしても大丈夫かと思います。

また、わざと芯を外してトウ側で打つ方法もあります。

 

次に花道などで球が浮いていない場合です。
これは最優先は転がしで、9 番アイアンなどでローチップショッ

トで打ちます。

 

これは球を右足前に置いてロフトを立てますが、打ち込まずに飛

行機の着陸のようにランディングさせ、ソールはほとんど地面に

触らずとも芯に届きます。

写真のように球が浮いていれば 58 度で同じ事ができます。

 

また、バンカー越えなどで転がせない場合や、グリーンまで遠く
て上げて止めたい時にはクラブを真ん中に置いてクラブを寝かせ

ずに立てて、ソールをベッタリと地面に密着させてアドレスし、

その位置に戻してソール全体を滑らせて球を運びます。

 

これでも高さが足りない場合にはハンドダウンにしてフェイスを
開き、ヒール側のバウンスを球の下に押し込んでポップアップさ
せます。

これは花道が押し付けてちょっと沈むくらいの軟らかさがないと
弾かれてトップします。
冬場のガチガチのところは使えません。
その場合はあきらめてバンカーに入らない方向に打ってロング
パットです。

 

また、10 Y 以内の短い寄せはパティングチップやフロップショッ

トなどもありますが、まずはハイチップ、ハイピッチが恐らく出

番が最も多いかと思いますので、転がしとちょっと上げる打ち方

の 2 種類を覚えましょう。