モダンスイング 21

欧米打法の伝承

ウッドが上がらずチーピン

トウが浮くとフェイスは左を向く

Question

 

アイアンではそれなりに打てるのですが、ドライバーは

球が上がらず、ウッド系がチーピン気味です。


あーだこーだと考えながら振ってますが、やるだけ無意

味と思い、振らないようにしています。

 

応急処置的なアドバイスご教示いただければと思います。
よろしくお願いします。


Answer

 

アイアンとウッドは規格が違ってライ角やフックフェイ

スなど、アイアンとは違う物が多く合わない場合があり

ます。

したがって、アドレスのセットアップでフェイスを正面
に向けてグリップするとか、ライ角はインパクトでソー

ルが水平になるように可変式なら調整できます。

 

この様に応急処置はできるのですが、アイアンと同じ打

ち方をしないとミスが出易いので、アイアンの流れで同

じ規格に近い物を探す必要があります。

 

ウッドを地面に置いてみてください。
その時にフェイスが左を向いているのがフックフェイス
で、 0.5 度から 3 度ほど左を向いて作られている物があ

り、これだけですでにチーピンが出る原因になります。

 

また、ライ角が違うとチーピンになる事があります。
それは実際のライ角とクラブのライ角が合っておらずに
インパクトでトウが浮いている場合です。(写真上)

 

これはつま先上がりの原理でリーディングエッジはスク

エアでも、フェイス面は左を向いた状態になるからです。

 

この場合は打つ時にハンドアップにしてアームシャフト
角を伸ばしてソールが水平になるような形で打つ事が出

来るのですが、アイアンと同じ手の位置にしないとワン

スイングにならないので、アイアンのライ角を全部変え

るか、ウッドをアイアンの流れに合ったライ角の物を選

ぶのが良いでしょう。

 

また、応急処置として球の位置を内側にするとドローと

なって使える打球になるのですが、球が上がらなくなっ

て、ドライバーが上がらないと言う症状と一致します。

 

ただ、ドライバーは打ち上げ軌道で目線を高くして打て

ば球は上がりますが、それでも足りない場合はロフトの

寝ているヘッドにすると良いでしょう。

 

シャフトを柔らかい物にすると高くは上がりますが、方

向性が悪くなるので、もしヘッドが可変式だったら一番

寝ている角度にして、フェイスがフックフェイスになら

ない物なら使えると思います。