モダンスイング 21

欧米打法の伝承

高速テイクバックのメリット、デメリット

P - 2 での軌道チェック

 

Question

 

バックスイングの速さについて質問があります。
自分はゴルフ始めたときから高速でバックスイングを行ってます。

その方が飛距離が出たからです。
しかし、最近思うことは、多少飛ぶよりも、再現性高く、安定し

たボールを打ちたくなりました。高速で上げると、手打ち感が否

めません。

高速テイクバックと普通のテイクバックメリットデメリット教え

て下さい。


Answer

 

まず、打ち方によってテイクバックは関係ない振り方があります。
それは日本の主流である、トップで一旦止めて間を置いてからダ

ウンスイングを始動すると言う切り返しの場合です。

 

これだと、どう上げようが一度トップで力を抜いて静止する限り

はスピードだけではなく、軌道すら関係なくなる事があります。

 

マキロイはテイクバックが速いほど速く振れると言っています。
これはトップでぶつけてその反動で降ろして来る打法だからです。


トップで引っ張り合いをし、ヘッドがまだトップに到着する前に

下半身が始動しているスイングで、これが飛球術の一つです。

 

ただ、テイクバックが速いとそれだけ軌道をズレる確率が上がり、
それなりの練習が必要になってきます。
これが高速スイングのデメリットです。

 

したがって、どちらを重視するかの価値観となり、個人の好みで

選択すれば良い事だと思います。

飛ばすのが醍醐味でゴルフの一番の快感だと言う方でしたら、一

番飛ばせる打法にすれば良いし、それよりもステディーなゴルフ

がしたいと言う方は安全にゆっくりとバックスイングをすれば良

いのです。

 

ただ、速いと言っても最初から速いのではなく、トップに到達す

るまでに 4 拍あって 4 拍目でバンプとしてぶつけてと言うリズム

の場合、始動はゆっくりで、3 拍目からスピードアップすると言う

上げ方があります。

 

初動の一瞬に勢いを付けて上げるのではなく、ゆっくりと静かに

上げ始め、3 から 4 の間で思い切り力を入れてスピードを上げる

と、頂点ではマックスに勢いが付いて、その反動を大きくダウン

スイングに使えます。

 

いずれにせよ P - 2 まではとにかくゆっくりで、その位置でヘッド

と手が重なる軌道に決めておき、毎回そこをヘッドが通るように

定着させる事が大切で、長い年月の間には必ずその軌道もズレま

すので、常時軌道のズレを撮影しながら点検して下さい。

 

*チェックポイント

 

 P - 2 では左の腕は45度、シャフトが水平、手の位置は左肩よ

り少しインサイドで、そこで手とヘッドが重なる点を通る軌道に

決めておくとズレた時にすぐに分かります。

 また、カメラ位置は手の位置で飛球線上にします。

上の写真はカメラの位置がズレているので重なっていません。