モダンスイング 21

欧米打法の伝承

たまにプッシュが出る

切り返しから右に上半身を倒す

Question

 

プッシュアウトして打球が右に行き、原因は突っ込みだ

と言われました。
しかし、どうやっても突っ込みが治りません。

練習の良いアドバイスをお願いします。


Answer

 

150 Y 先のグリーンで真ん中を狙っているのに右のカラ

ー当たりに飛んで行くような球、勢い良く真っ直ぐに右

へ行く打球はプッシュ球です。

これは軸が目標方向にブレている事で起きる事が原因の

一つです。


軸のブレとは寄りかかりや突っ込みで体重移動と一緒に

軸が左(目標方向)にブレてしまう事です。

修正方法の一つには体重移動を辞めて体の中心に軸を持

って行く事や左一軸にする事で治る事は治るのですが、

体重が上手く乗らないので飛距離が落ちます。

 

理想は軸のブレをなくして体重移動をしながら球に体重
を乗せて打つ事ですが、その方法は欧米打法にあります。

 

まず、軸とはどこかですが、現在の主流は背骨軸で、特
に首の裏(第七頸椎)が動かないスイングが理想です。

背骨が軸と言う事は体の裏側に軸があるので、おでこは
動くのですが後頭部は動かないという回転になります。

 

しかし、体重移動をする際にはヒップスライドをしなが

ら回転を入れて重心を左に移動しますので、腰は左に移

動する事になり、それに伴って第七頸椎がくっついて行

くと寄りかかりや突っ込みと言われる動作になります。

 

そこで、下半身は今までと同じようにヒップスライドを

するのですが、同時に上半身を右に倒します。

これが体で弓を作ると言う動作です。

実際には腹筋と右腹斜筋を使って反った体を丸めて猫背
のように丸めて胴体でもパワーを作り出します。

 

これはテニスのサーブやバレーのアタックと同じで反っ

た体を丸める動作で腹筋を使います。

ゴルフは真っ直ぐ前打席方向に丸める事ができませんの

で、右腹斜筋も使って肩を開かずに後ろ打ちをします。

 

すると上半身は右に10 cm ほど倒れ、その分腰が左に10

cm 移動して第七頸椎はその場に止まって動かないと言

うのがそのメリットです。

 

これによって突っ込みや寄りかかりがなくなり、しかも

体全体が弓になって体のバネによって飛距離も伸び、し

かも体重移動のパワーも使えると言う一石三鳥の効果が

得られるのです。

 

体はトップで捻じりながら反り、切り返し前後に猫背に

して後ろを向いたままお辞儀をし、体を丸めてインパク

トし、フォローでまた逆に捻じりながら反りかえると言

う、見ても良く判らない動きをします。

 

これが 30 年前にアメリカで流行ったタイガー打法で、

その後マキロイなどが真似をして世界の主流になってい

るのです。

日本にはほとんどない技術ですので、欧米選手の打法を
良く観察してみると解ると思います。