モダンスイング 21

欧米打法の伝承

擦り球の原因とは?

ハンドファーストインパク

Question

真っすぐに出て高く上がり、頂点から右に滑るように流

れて行くボールが出るのですが原因は何でしょうか?
飛距離も出ないし、グリーン手前の右のバンカーに良く
入ります。

 

Answer

このような右に流れて行くようなふけ球はハンドレイト
が原因の場合があります。

高く上がって、気持ち右に出てさらに右に軽く滑るよう
に曲がってショートする打球です。

 

この場合はハンドファーストにして打てばしっかりと捉

まった強いストレート球が出ると思います。


また、ハンドレイトではないのにそのような打球が出る
場合にはフリップが考えられます。

フリップとは左手首が甲側に曲る症状で、4時半までは
掌屈のままで、それ以降は背屈になっても構いませんが
インパクトで左手首が山になって、裏拳の形で打つ事が
大切です。

 

ハンドファーストで打っているにも関わらずこの擦り球

が出る場合はこのフリップが原因な事があります。

 

昔のスイングは左手首は掌屈のままフィニッシュをする
ために、シャフトが縦になって背骨に沿ってぶつかるの
ですが、タイガー打法からは左手首のフリップが途中か
ら入りますので、フィニッシュではシャフトが水平にな

って首の裏にぶつかる形になります。

 

ただ、フリップが早過ぎると擦り球が出ますので、でき

るだけ掌屈にしている時間を長くするために、矯正ドリ

ルとして最後まで掌屈のままフィニッシュすると良いで

しょう。

この際、左手の平がフォローでは終始自分側を向いてい

る事を確認して下さい。