モダンスイング 21

欧米打法の伝承

体重移動はどうする?

体重移動を組み込むと飛距離が伸びる

Question

基本の体重移動は右利きの場合、中→右→左 だと思うの

ですが、ミート重視ならば、左→右→左ですか?

 

飛ばしたい場合はトップオブスイングでしっかり右に乗

せ、ライン出しの場合は右足荷重はほんの一瞬という感

覚で良いですか?  よろしくお願いします。


Answer

重心移動と足に掛かる体重移動とは別ものです。
ドラコン打法などは 中→左→右→左 と重心も体重も移動

する打ち方が主流になっているようです。

 

ところが普通のゴルフではフォワードプレスのようにそ

れに近い事をしていた時代もあるのですが、現在は中か

ら直接右に移動する始動が主流です。

 

足に掛かる体重は二つの体重計を置いて片方ずつ乗り、

どちらの体重計にどれだけ重量が掛かっているかと言う

体重移動の場合のお話をします。

 

これは体の位置や体勢には関係なく、地面をどれだけ押

しているかの計量器に表される数値です。


この方式でお話をすると、中→右→左 の重心移動ではコ

トロールショットなどの飛ばさないスイングの時です。

 

また、フルスイングなどは 中→右→左→右→左と体重計

は針が二回ずつ振れます。

 

これは日本の打法とは違ってマキロイなどのタイガー打

法の場合なのですが、テイクバックで中から右に体重が

移動し、切り返しで最初に右足で踏みつけを行い、直後

に左足を伸ばしたり蹴ったりしますので、その瞬間は左

の体重計が振れます。

 

そしてその直後に右脚を伸ばすか蹴って、また右の体重

計が振れてフォローで左に重心も体重も左に移動します。

これが故に左右の体重移動が 2 往復になると言う事です。

しかし、重心や体勢は 中→右→左 と見た目は単純です。

 

高度な打法は体重移動、体勢以上、重心移動と分けて解

説する必要があり、難易度が高いために日本にはまだ上

陸していません。

 

笹生選手がかろうじてマキロイのスイングを真似してい

ますが、まだ完璧ではありませんのでまだまだ飛距離は

伸びるかと思います。