モダンスイング 21

欧米打法の伝承

メンタルの維持とは

メンタル以前に大切な事が

 

Question

前半絶好調。後半ボロボロ。

途中でいくら気持ちを切り替えようとしても出来ず。

 

こんな時は自分の気持ちをどういう風に持っていけば大

きく崩れないのでしょうか?

 

Answer

良く聞く話です。
逆に前半が悪くて、後半が良いと言うケースもあります。
では、何がどう影響しているのでしょうか。

 

まず、前半が悪くて後半が良い場合には、まだ体が温ま

っていない場合、また寄せやパティングの感覚が戻って

いない、などの要因が考えられます。

 

そして前半が良いのに後半が悪い場合は、もちろんメン

タルもあるのですが、それ以前に具体的にはまずスイン

グのズレがあります。

 

これはコースに慣れて来て恐怖心がなくなり、思い切り

振りたくなって失敗するケースが一つあります。

色気を出して余計な事をする、と良く言われる場合です

が、これは同じ打ち方で同じ事をすると言う慎重さがな

い事が原因です。

 

また、ちゃんとしたスイングが定着しているのに、それ

が単純にただズレる場合です。

トップの高さが変わったり、リズムが違ったりで、全く
同じ事が自然にできなくなるケースです。

 

もちろんメンタル的に恐怖心が出て来て筋肉が硬直する
事もあり、全く別人のような振り方をしてしまう事もあ

りますが、まずは定着度です。


自分のゴルフができるかどうか以前の問題で、スイング

が完璧に定着していないと言う事です。

 

アドレスで立った時にミスする感じがない、そして、何

も考えずにサッと振って毎回同じ球が出ると言う経験を
何年もすると、自信がついて怖さがなくなり、自分のゴ

ルフができるようになります。

 

しかし、ブランクがあったり、改造したり、慣れていな

い振り方をしてまだ完璧に定着していない間は何が出る

か分かりません。

 

とにかく練習を増やし、自信が付くまで練習場で打ち、
そしてショートゲームは頻繁にコースでフィーリングを
養う事ですが、2 週間回っていないと忘れます。

試合やコンペの前には週 4 くらいで回ってその感覚を戻

す必要があります。

 

定着、感覚、自信と三拍子揃ってからスコアメイクに挑

戦で、それまでは課題を探す練習ラウンドだと思ってス

コアなどを気にせずに楽しみましょう。