モダンスイング 21

欧米打法の伝承

左の壁を意識するとは?

f:id:swinganalyst:20220405062905j:plain

赤い線が左の壁で頭を残してヒップスライドする


Question

スイングする時は、インパクトからフォローにかけて左

の壁というのは意識した方がいいのでしょうか?
それとも、左の壁は意識しなくてもいいのでしょうか?


Answer

まず、左の壁とは何かの統一が必要かと思います。
人によって、あるいは打法によって違いがあるからです。

ここでは感覚的にいかにも左に壁があって、そこに腰が
ぶつかると言う事でお話をしたいと思います。

(上図の赤い線が壁で右の形がタイガー打法)

 

これが壁で、それ以外はないと言う感覚がある方はそれ
が壁ですが、ない方は腰の位置や動作でその感覚を体験
してください。

 

まず、タイガーの場合、壁は左足から垂直に伸ばした線

ですので、実際に壁に左足をカカトとつま先の両方を接

触させて立ち、そこでアドレスしてみて下さい。

これがゴルフで言う左の壁の位置です。


しかし、プロ選手にはこの位置がもっと内側な人もいま

すので、これは他の動作との兼ね合いで決めます。

 

この壁に腰をスライドさせ、頭は残しておきますので体

は弓状になってしなります。
このしなりが体のバネとなってエネルギーがタメられて
パワーが出ますので、捻じり、反り、そして圧縮という

3つによって弾き出される圧力を感じます。

 

この腰の位置が動かずに捻じりや圧縮を入れてもどこか

で帳尻合わせをすれば真っ直ぐに飛ぶのですが、体の弓
と言う反りのバネが充分に使えていません。

 

はやり体の左側の張りを最大に活用するには、この壁ま

でヒップスライドをしながら腰を引き、ヒップターンと

詰め込みによって圧縮する動作が最も効率の良い動作だ

とするのがタイガー打法です。

 

詰め込みとはトップで左肩を固定し、右肩をその左肩の
下に押し込んで体全体をその狭い空間に詰め込むような
圧縮動作です。

 

これによって、ちょうど枝豆を指でつまんで挟み、力を

入れると豆が弾き出されるようなもので、狭い空間に体

を押し込んで回転させるとこの「弾き出し」があります。

 

これによって肩の回転が超速くなり、振り回されるよう

な遠心力を体感できるのです。

これは回転させようとする力ではなく、圧縮による弾き

出し効果です。

 

したがって、腰が左の壁まで移動し、十分に体がしなり、

弓状になってバネの力が使える事が効率を上げ、より少

ない力で最大のパワーを作る事になりますので、左に突

っ込まず寄りかからず、第七頸椎をずらさずにこの壁ま

で腰を移動させる事が大切です。