モダンスイング 21

欧米打法の伝承

85 から伸びません

f:id:swinganalyst:20211231191202j:plain

スコアアップは再現性と精度


Question

ゴルフスコアが 85 から伸びません。
参考になる練習法か動画か書籍なんでもいいので教えてく

ださい。

宜しくお願い致します。


Answer

ゴルフは内容でその人のレベルが判ります。
ベストが 85 の方は内容が 85 だからなのです。
恐らく長年ベスト更新がない方かと思います。

 

スコアを良くするのは精度と再現性を上げる事です。

ところが、この辺りがお遊びゴルファーの限界ですので、

そろそろスポーツとして取り組む時期かと思います。

 

スポーツとしてゴルフを本格的に始めるにしても、やたら

と練習だけすれば良いと言う事ではありません。

全てが我流、全てご自身が決めて練習されて来た事に限界

があったのですから、今までやっていなかった事をしない

限りはそこから抜け出せません。

 

普通のコースでしたら飛距離も要りませんし、打法もあま

り関係ありません。

ただ、精度を上げる時に正しい筋肉を使っていないと、そ

れが障害となって精度が上がらなくなります。
また、動作が定着していないと再現性も上がりません。

これが基礎です。

 

たとえばテイクバックだけでもそうですが、クラブを手で

持ち上げようとする人はフトコロの三角形が潰れたり右肘

が外に出て余計な動きが入ります。

 

そこで肩は胴回りの筋肉だけで回わし、上半身だけ右に傾

きながら回転し、右膝を止めたまま上半身だけで静かに回

転すると腰のスエーや軸ブレもなくなり、それだけで精度

が上がるのです。

 

ところが、テイクバックの始動で腰が右にスエーする人は、

右に体重を移動しようとして勢いを付けて始動したり、胸

が上を向いてリバースになったり、それを避けるために今

度は肩が回転不足になったりと正しい筋肉を使ってその動

作をしないとその副作用でブレや余計な動きが入ってしま

います。これが副作用の連鎖で、余計な動きでやたらと複

雑な動きのスイングになって行くのです。

 

重要なのはこれらの基礎であり、基本動作です。
正しい筋肉でその動作をすれば緩みや軸ブレがなくなりま

すので、かなり精度を上げる事ができるのです。

 

質問者さんは未だに OB があるかと思います。
真っすぐに打てない時がある場合は、やはり違う筋肉で無

理して動作している可能性もあり、リズムやタイミングな

ども一定でない可能性があります。

 

内容を改善するには今はとにかくショットの精度を上げ、

再現性を高めるしかありません。

プロと同じ事をやればスコアも良くなります。
内容が良ければスコアは自然に良くなりますので、基礎練

習からやり直す事をお薦めします。