モダンスイング 21

欧米打法の伝承

打点が安定しません

f:id:swinganalyst:20220120182757j:plain

緩みとブレをなくす事が必須


Question

ドライバーがトゥ寄りに当たったり、ヒール側に当たっ

たり、打点が安定しません。
芯に当てる方法ありますか?
どちらかというと、トゥ寄りに当たります。


Answer

芯に当たらないのはブレや緩みが主な原因です。
テイクバック時の右へのスエーもブレですし、突っ込み

も軸ブレです。

また、体の張りがなくフラフラしていたり、上下運動、

前後左右の揺れなどで芯を外します。

 

また、両腕で作る三角形が変形する事で軌道がズレます
ので、ある程度の力で崩れないように固めておく事や、

手首がグラつかないように注意しましょう。

 

勢いを付けてブランコ効果を出したり、スクワットジャ

ンプなどの上下運動なども飛距離は出ますがブレの原因

にもなりますので、まずは腰の緩み、腕の緩み、手首の

緩みなどを排除して、ワンプレインで上下とも同じ軌道

で基本スイングができるように訓練する必要があります。

 

また、タイミングによってヘッドが軌道から外れますの

で、リズムやテンポの安定、そして基本動作を見直して、

正しい動作で振っているかどうかを確認する必要もある

かも知れません。体の緩みを取るのに良い方法として腰

を止めたワインディングを組み込む事がお薦めです。


腰と肩の捻転差をマックスにして張りもマックスにする

と軸ブレが減り、ミート率が上がり易くなります。

 

また、両腕の緩みはボールを両腕で挟んでスイングする

など両脇が開かないように、そして両肘がフォローまで

は離れないように矯正具などを使って練習すると良いで

しょう。

 

芯を外すのは動きが自由過ぎてふらついたりブレたりズ

レたりする事ですので、グニャグニャな体の止めるベき

部位はしっかりと止め、必要最小限の動作で打つ事です。

 

バラつきが多い人はとにかく余計な動きが多く、無駄な

事をしていますので、精度を上げる練習としてホールイ

ンワンの練習をすると神経が研ぎ澄まされて、ブレた事

が分かるようになります。

 

教科書通りの動作で振る事、まずは動作の組み込みを行

い、精度を上げて定着させ、ヘッドが暴れたり、全身の

張りが緩んだりしないようにただひたすら練習です。