モダンスイング 21

欧米打法の伝承

再現性を高めるには

f:id:swinganalyst:20220121053042j:plain

再現性は定着と精度の安定

Question

ゴルフは再現性だと言う話を聞いたのですが、その再現性

とは何か、またそれを高める方法を教えてください。


Answer

再現性とはいかに同じ事が何度もできるかです。
したがって、どんな方法で打とうと、連続して何発もホー

ルインワンすれば、それが再現性の頂点と言えるでしょう。

 

しかし、現実はプロでもホールインワンは 2500 発に 1 回
と言われており、どうすればそれに近い事ができるかとい

う問題になります。

 

再現性とはまず定着安定です。

動作がどこまで定着しているか、そして何回打っても同じ
筋肉の動き、同じ軌道、同じリズムとテンポで再現できる

かと言う事です。

 

しかし、打法によって、また打ち方によってはその再現性

が上がらない事があります。

それは、難易度が高い打法や無駄な動きが多い打ち方です。


たとえば後ろ倒しからの前倒しなどは軌道をわざと外した
打ち方で、ヘッドの軌道が走る変わりにブレているのです。

 

また、オヤジスイングのように関係ない動作や間合いなど、
無駄に難しくしている打ち方なども限界があります。

 

そして、無駄な動作やシンプルな打法でも再現性が上がら

ない事があります。
それは緩みやブレです。

 

これは精度を上げる必要があり、 mm単位でより正確に振

る必要があり、技能として訓練や鍛錬が必要です。

軸がブレたり、スエーや突っ込み、また腰や腕の緩みでも
精度が落ちます。

 

要はどこまで拘るかです。
いい加減な姿勢やアバウトな練習などは途中で必ず限界が
来ます。

意識や姿勢も大切な要因だと思います。