モダンスイング 21

欧米打法の伝承

重心位置が分かりません

f:id:swinganalyst:20220117200908j:plain

アドレスは左右の脚に掛る体重は五分五分


Question

打つ時、重心のかけ方は母指球にかけると言われますが、

どうも難しくて、かかとに掛けてしまいます。
何か良い方法があれば教えてください


Answer

質問者さんはアドレスでの重心位置のお話をされているの

でしょうか?

 

まず、アドレスでの重心位置は左右は五部五部、前後は真

ん中の土踏まずです。

これでつま先下がりは傾斜に沿って立ちますので前に、つ

ま先上がりはカカトに重心が変わります。

 

そして、テイクバックでは右のカカトに体重が移動し、ヨ

ジリで右の母指球に移り、踏みつけをしてから左つま先で

腰引きと同時に左膝を伸ばす蹴りを入れるために、一瞬体

重は左の母指球に移動した後、右足の母指球で蹴りながら

体勢移動をしながら左足カカトにほぼ体重が移動します。

 

これが欧米打法の下半身運動で、笹生がマキロイから習っ

た体重が二度往復すると言う重心移動の内容です。

 

アドレス時の前後の重心位置はつま先にあるか真ん中か、

あるいは真ん中かカカトかによって球の位置がヘッド1個

分体に近くなったり遠くなったりします。

これだけで芯を外しますので、毎回同じ位置に球を置き、

毎回同じ重心位置からスイングを始動する事が大切です。

 

また、左右の重心移動はトップで右に乗り過ぎると左への

移動が大変になりますので適度な位置で切り返します。

 

左の腰が落ち、左の膝が大きく前に出ていて、左に大きく

踏み込んで体重が左足に乗っている時に腰を引いて回転さ

せるのは大変です。


右脚の踏みつけをした直後に左膝を伸ばせば体勢は左に移

動中でも体重は右脚に一瞬乗りますので左は軽く、速く腰

を引きながら回転させる事ができます。

 

このメカニズムをまず頭で理解し、それを体現させる練習

をすれば、忘れた時やズレた時にご自身で修正する事がで

きます。

診断法や修正法を習得するにも動作の詳細をまず把握して

おく必要があると思います。