モダンスイング 21

欧米打法の伝承

アーリーリリースの悩み

f:id:swinganalyst:20220115173237j:plain

アンコックが早い人は手の使い方を改善


Question

コッキングが早めに解けてしまう、アーリーリリースに悩

んでおります。
特にコースなど緊張したところで発生してしまいます。
矯正方法御教示願います


Answer
コッキングとはアンコックの事ですか?
アーリーリリースでどんな問題があるのでしょうか?
恐らくダフリなのだと思いますが、ダフる原因はアーリー
リリースだけではありません。

 

まずは正しい診断がされているかどうかが大変疑問です。
診断法を習得する事も今後の成長に大きな影響をしていき

ますので、しっかり習得して下さい。

 

緊張するとダフると言う事でしたら、それはメンタルなの

で正しいフォルダを開ける練習が必要です。

ほとんどの人が緊張すると違うフォルダを開けてしまい、
いつものスイングが出来なくなります。

 

アンコックはもともと手首の力を抜いて、親指側はワグリ

ングができるように柔らかくしておきます。
そして、ヘッドの重さで手とヘッドの間に時間差ができて
揺れながら降りてきます。

 

この時はリリースを遅らせるために右手で引っ張っていた

り、リリースをしないように頑張っているのではなく、手

の軌道によって手首を柔らかくしておくだけで自然に時差

ができるのです。

 

その動きとは鞘抜きともグリップエンドの刺しとも言う動

作で習得すればアーリーリリースは自然になくなります。

 

また、単にダフるのでしたら、横の回転が足りない事が原

因の場合があります。
腰の開きが甘いとか、しっかりとボディーターンが出来て

いないと横が弱くなってダフリます。

 

これは縦の動きと横の動きの縦横バランスです。
そのバランス調整を行う事が必要で、どの動きを入れたら
横が強くなり、それを入れると縦が強くなるかなどのメカ

ニズムを勉強する事でご自身で調整を行う事ができます。

 

また、体重移動ハンドファーストができていない場合も

ダフリますので、とにかく原因の特定が重要です。

 

毎回ダフるのでしたら、応急処置として右肩を引いてアド

レスすると帳尻合わせができます。
一度実際にラウンド中に撮影してもらい、アドレスからチ

ェックされると良いでしょう。
以外に右肩が前に出たアドレスからテイクバックしている

かも知れません。

 

ナイスショットが出ない時には必ず原因を特定する事が重

要で想像や試行錯誤で原因を探すと、その間に再現性を崩

して転落する事が多々ありますので、いい加減に振るので

はなく正しい軌道と正しいボディーターンで毎回同じスイ

ングをする事が大切です。