モダンスイング 21

欧米打法の伝承

飛距離は生まれつき?

f:id:swinganalyst:20211213210318j:plain

飛距離は生れつきではない

Question

私は今年28になる男ですがヘッドスピード 43.8で 240 Y 行

かないくらいだと思います。

ドライバーの飛距離は生まれつきという話を聞きましたが

練習でどれくらい飛距離は伸びるものなのでしょうか?

 

飛距離が全てでは無いと思いますが300ヤード以上飛ばして

みたいです…。
回答よろしくお願いします。


Answer

飛距離は 7 割技術で 3 割が筋力です。

180 Y の方が 260 Y になったり、220 Y が 280 Y になったり、

すでに 300 Y 出していた方は 360 Y 出してドラコン大会で優

勝したりしています。

 

もちろん、その技術を習得安定させるための丈夫な体は生ま

れつきと言う事はあるかと思いますが、重い物を持ち上げて
椎間板をおかしくしたり、無暗に振り回して靭帯を傷めたり

しなければ、ほとんどの方は飛距離を伸ばす事が可能です。

 

ただ、その技術を知らない人、重要視しない人、難易度が高

過ぎてその動き自体ができない人などはいます。

そして、何より重要なのはやる気です。

 

ゴルフは忍耐のスポーツで、この飛ばしの技を習得する所か

ら忍耐が始まり、やる気さえあれば出来るのです。

難しい動作の連動で、僅か1秒半の中で15種類もの技を組

み込むために根気が必要です。

 

ただ、一つ一つ丁寧に指導通りに組み込んで行けば誰にでも

できる習得方法があり、長年の欧米の歴史の凝縮が教科書に

なっています。

 

欧米打法が上陸していない日本では世界に通用するような飛

距離を出せるプロ選手もほとんどいませんので、選手側も教

える側もその技術を知らないことで欧米打法自体を否定して

いるのが現状です。

 

動画で飛ばしの技をいくつか否定し、独自の理論でガラ系を

普及しているトッププロやプロコーチなどが現在主流となっ

て日本のゴルフ界が出来上がっているようです。

 

世界には飛ばしの技が数多くあり、日本人選手はその中の半

分から 6 割程度しか組み込んでいませんので、欧米選手の中

では置いて行かれるのは皆さんご存知の通りです。

 

300 Y を出すのでしたらその技術の 9 割を組み込んで安定さ

せる必要があり、それを習う必要があります。

 

また、趣味や遊びを全て犠牲にして、週に 5 日は練習を継続

し、基礎から全てをやり直しするだけのやる気があるなら可

能性はありますが、まずほとんどの方は考えが甘く、簡単に

出せると勘違いしており、そこまではしたくない、と言う方

もおられます。

 

まして、欧米打法を教えているのは日本では高橋塾だけです

ので、入門しない限りはどんなに頑張っても、独学で真似事

は出来ても完全にマスターするのは無理だと思います。

 

簡単にワンポイントでコツや秘訣を教えてもらえば 300 Y 飛

ばせると思っている方や、地道な事がコツコツと出来ない方

は技術の習得はできません。

 

日本は解説できない職人が多く、技術は盗む物だとか言いま

すが、病院で診断や治療を見て盗んでお医者さんに成れると

思っている人達で、実際にゴルフをマスターしたかのような

人達が大勢いるようです。

 

ミックシーのコミュニティーで欧米打法の 7 割程度の中から

言語化できる部分を紹介していますので、まずはそれを読め

ばどんな技術があるのかくらいは分ると思います。

 

mixi.jp